日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はTwitterがメインでブログは忘れていたのですが、Twitterは文字数に制限があり―それが特徴でもあるのですがーたまには長い文も書いてみたくなったので、5年ぶりにブログの管理者サイトにアクセスしたのですがログインするのに苦労しました。

5年ぶりですから、IDやPIN忘れてます。何とかかんとかログイン出来ました。

で、とんねるずです。

僕は同世代なので彼らが夕ニャンだったか深夜番組だったかで1200万円(うろ覚え)のテレビカメラを壊した頃から見続けて来ました。20代から50代のオッサンになるまで、とんねるずと共に居たと言っても過言ではありません。お笑い系は、僕のメインではなく彼らと比較されるダウンなんちゃらなんて全く興味ないし面白いと思ったこともありません。

でも、とんねるずは違います。彼らのコントはセンスが良い。

仮面ノリダーやホモオダ、小野みゆきをフューチャーしたデビルマン、本人も事務所もなかったことにしているあの女優、誰だっけかな最近も映画で見たんだけど、「新参者」に出てた反町と結婚したあの娘がやっていたHAYABUSA。

松何とかだったかじゃなくて松嶋なんとか。ワンちゃんスタイルで「お○らじゃないのよ、空気が出てるだけ~」って絶叫していたやつ。それに、キョンキョン様のもじもじ君、宮沢りえの、

「ざけんなよ~~~」


もう、懐かしくて懐かしくて・・・。今のテレビだと、芸人が黒塗りしただけど良く分からん人権団体がクレームをつけネットが炎上する時代。キョンキョン様のもじもじ君なんてどうなるんだろう、考えただけで怖いわ!

ホモオダも、LGBT団体からものすごいクレームが来るんだろうな~。本当に、バカバカしい自主規制というかクレーマー時代になったもんだ。

アホかと。


コメディと言うか、お笑いってチャップリンやキートンを出すまでもなく弱者を笑いものにしている。笑いとは残酷なものだという事を知るべきだ。でも、そこにはある種の優しさやプライド、そして愛がある。

チャップリンは言っている「浮浪者でも帽子とステッキを持てば紳士だ」と。うろ覚えなので違っていたら申し訳ないが、これは弱者側からのプライドを言っている。チャップリンは浮浪者をバカになどしていない。それは、「街の灯り」や「独裁者」などをみれば明らかだ。

経済的に不遇な人々、社会的弱者への限りない愛を僕はチャップリンの映画から感じ学んだ。不遇や悲しみ、絶望を「笑い」へと昇華させる、そこに生きることへの希望を見出すのがチャップリンの映画でありコメディの本来のありかただと「街の灯」を観ていない人には是非観て欲しい。

芸人が黒塗りしたら黒人蔑視だと短絡的に批判する人々に、往年のコメディ映画の名作を観て欲しい。

とんねるずの笑いに、同じテイストを僕は感じた。さらに現代的にアレンジしているセンス良さ。彼らのコメディは本当に最高だと僕は思う。

で、僕は石橋さん(先輩なので”さん”付け)に河田町の旧フジテレビスタジオで会ったというかすれ違ったことがある。

当時、とても人気だったフジテレビの深夜番組の最終回の収録に知り合いのマネジャーが誘ってくれて観に行った。収録自体は昼からずっーとやっていて、僕は深夜11時位に行った。みんな疲れていたと思う。スタジオの端の壁沿いにサブ(調整室)に行ける鉄階段があって、僕はそこに居た。

収録の休憩時間に石橋さんがその階段を上がってきて僕も道を空けて通したのだけど、石橋さんは下から手刀を切りながら

「すいませんねー、ごめんねー通してねー、ありがとうー」


って言いながら上がってきた。

階段に居たのはいわゆる業界の人でファンではない。芸人からしたら身内ばかりだ。並の役者や芸人なら、マネジャーが先頭で「はい、どいて、どいて」って来るところを彼は全く違った。僕は、凄いなーって思った。器の大きさを感じた。

その、人としての器の大きさを「とんねるずのみなさんのおかげでした!」の最終回でも感じた。

30年以上続いている長寿番組でかつては20%以上の視聴率を毎週稼いでいた番組の最終回。もう一つの方みたいに5時間とかの特番にするのが普通だと思うが、通常通りの1時間番組。

そこに、彼らの矜持を僕は見た、同世代の男として「分かる」って思った。カッコ良いと感じた。

で、最後に歌った「情けねえ」。

音声に乗らなかったけど最後の方で貴明も木梨も(呼び捨てですみません)、「ありがとう」って言っている。確かに言っている。

僕は涙が止まらなかった。

ここ数年は視聴率は低迷していた。一桁だったと聞く。でも、とんねるずの番組だから製作費は嵩む。フジとしても、切りたくても切れないジレンマにおちいっていたと思うし、とんねるずの二人も大御所の名声に胡坐をかいて番組を続けることに忸怩たる思いがったと思う。

だから、打ち切りは止むを得ない。最後は自分達らしい幕の引き方を考えたんだと思う。それは、番組を支えてくれた人々への感謝の思いを伝える事。野猿を呼んだり、聖子ちゃんをゲストにしたのもその思いからだと思うし、彼らが本物だったから野猿も聖子ちゃんも来た。

そして、最後に

「フジテレビをおちょくるな」


彼らは駆け出しの頃からフジに育ててもらってきた。本人たちも自覚していて感謝しているんだと思う。石田さんや他のディレクターやプロデューサー達。彼らへの思いが詰まっていると僕は震えた。本当に、カッコ良いって思った。

功成り名を遂げた人には、なかなかできないことを彼らは、さらっとやった。僕が、彼らを評価する所以だ。
スポンサーサイト
東京にオリンピックがやってきます!



前回、1964年の東京オリンピックは戦後日本の復興の象徴として日本国民に多くの勇気と希望を与えたと言われています。

当時2歳だった僕は全く記憶にありませんが、戦争により焦土と化した我が国の惨状を記憶している当時の日本人には、東京タワーや駒澤オリンピック記念競技場、国立霞ケ丘競技場、東名高速道路、東海道新幹線が整備され近代国家となった我が国に世界中からアスリートが来日し、我が国の代表とスポーツの祭典を繰り広げた事は日本中が高揚したと想像するに難くありません。

「戦後は終わった」「日本は近代国家の仲間入りを果たした」と実感したのではないでしょうか。それは当時の人々の誇りとなり、日々の生活の活力となり高度経済成長を後押ししたと言っても間違いではないと思います。

オリンピックを東京に招聘するために猪瀬東京都知事やJOC幹部を始め多くの人々が活躍されました。中でも、「お・も・て・な・し」の滝川クリステルさんは注目されているようです(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130910-00000049-sph-ent)。

最終プレゼンでは、皇室から初めて高円宮妃久子さまがスピーチをされました。皇室の政治的な立場上、招聘を直接語るお言葉はありませんでしたが、五輪の公用語であるフランス語と英語でIOC委員に語りかけ彼ら彼女らの気持ちをつかまれました。

欧州の良識ある人々は、日本の皇室に対して敬意を払っていますから、高円宮妃久子さまのスピーチは、これから始まる日本の最終プレゼンを敬意をもって聴こうという姿勢にさせたと確信します。

そしてパラリンピックの走り幅跳び代表の佐藤真海選手が英語でオリンピックの素晴らしさを実体験を交えて訴えました。このスピーチはIOC委員の感情に訴えかける実にエモーショナルなスピーチだったと思います。僕も涙が出そうでした。

そして、滝クリの「お・も・て・な・し」は日本のホスピタリティの素晴らしさを保障し、安倍首相が政府のバックアップを約束しました。極めてオーガナイズされた素晴らしい最終プレゼンだったと思います。

今回の東京招聘で日本国中が元気になり、日本人が誇りをもって日々の生活を活力あるものにして行く事を願ってやみません。反対意見も多々あるでしょうが、反対する人達も日本が元気になることには賛成してくれるものと信じています。
乙武洋匡さんの銀座イタリアン・レストラン入店拒否騒動が話題になっています。正確には「入店拒否」ではなく「入店介助拒否」なのですが、乙武さんご本人が最初に「入店拒否」とツイートしたので、「車椅子の利用者を入店拒否するのは差別だ」とレストラン店主がネットなどで非難されました。

乙武さんの言い分は、彼のブログを読んで下さい(念のため魚拓

僕は今年から「福祉」について少し勉強しました。勉強して分かったことは、我が国は「福祉」について欧米社会から遅れているということです。それは、物理的なバリアフリーとか福祉制度などのハード面ではなく、社会それ自体に「福祉」の理念が根付いていないということです。

「福祉」の基本理念に「ノーマライゼーション」という考え方があります。英語で書くと「Normalization」なので、「ノーマリゼーション」と表記されることもあります。

教科書的に説明すると「基本的人権の根底には人間の尊重という理念があり、この人間の尊重を重視する視点から具体的に示された思想がノーマライゼーション」ということです。

簡単に言うと「障害を持った人も持たない人と同じように、ありのままの姿で同じように社会活動しているのが普通の社会」だという思想です。「普通の生活」と訳されることが多いです。

今回の乙武さんのケースに即して言えば、「車椅子を利用している人でも、そうでない人々が食事を楽しんでいるレストランで同じように食事をすることができる社会が普通のことなんです」ということです。

今回の乙武さんの経験は、ノーマライゼーションという福祉の基本的理念から言えば「ノーマル(普通)」ではないということになりますが、レストランの店主だけを批判するのは間違っています。

ノーマライゼーションの理念は、社会全体の有るべき姿を謳っておりレストラン店主個人に向けられるものではありません。つまり、乙武さんがこのレストランで食事できるように社会全体で援助しましょう、という理念なのです。

当日にレストランで食事していた人々、銀座の街でレストラン周辺で歩いていた人々が自発的に自然な行動として乙武さんを抱えてレストランまで連れて行く社会がノーマライゼーションが根付いた社会ということです。

福祉先進国と言われるデンマークなど北欧の国々では、こうしたことが当り前にように行われているそうです。

聞いた話ですが、デンマークで車椅子の老人が外出した時に下校中の小学生が老人の元に近付き「どこに行くのか」聞き、老人が向かう方向に数人の生徒が走って行って「車椅子が通りますから道を開けて下さい」と道行く人々に向かって告げた光景を見かけたそうです。

こういうことが日常的に行われているため福祉先進国では、今更「ノーマライゼーション」など口にしないそうです。それが、当たり前の社会になっているので啓蒙する必要がなくなっているのです。

日本にノーマライゼーションの思想が入って来たのは1981年だそうです。それから約30年経った今でもノーマライゼーションの思想が社会に浸透しているどころか、言葉すら知らない人のほうが多いのが我が国の福祉の現状だと思います。

僕自身、学ぶまで全く聞いたことも無い単語でしたから、偉そうなことは言えません。でも、「困っている人を見かけたら助けましょう」ということは、我が国でも昔から言われてきた事です。

そういう当り前のことが出来る社会になっていれば、例え事前に車椅子利用であることを告げなくても、乙武さんはお友達と楽しく食事ができたはずです。ネットでは乙武さんを批判する人も、レストラン側を批判する人もいます。

でも、真に悲しむべきことは「優しくない社会」が日本の現状であることだと、今回の騒動で感じました。
橋下大阪市長の「従軍慰安婦」発言が物議を醸しています。橋下市長が「強制連行の証拠はない」と言ったことに対して、「私は慰安婦だった」と証言している韓国人の金福童(キムボクトン)さん(87)が沖縄で大学生と交流会を行い、沖縄タイムスの取材で次のように語りました(魚拓:沖縄タイムス社説2013年5月20日 元「慰安婦」証言]「私の存在が証拠です」

金さんは14歳のころ、旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」と日本統治下の韓国から連行された。アジア各地の前線を転々とし、8年間、「慰安婦」を強いられた。(同社説から引用)



自称元慰安婦の金さんは、沖縄タイムスの記事によると87歳です。14歳の時に連行されたのですから、87-14=73で73年前です。現在2013年ですから2013-73=1940年。金さんは1940年に「慰安婦」として日本軍に連行され、8年間「慰安婦」として従事させられた、と語っています。

橋下氏が強制連行の証拠はない、と繰り返していることに「血の涙がにじむ経験をした本人がいるのに、どうして証拠がないと言えるのか。私がここに生きている。それ以上の証拠がいったいどこにあるのか」と批判した。(同社説から引用)



1940年から8年間を「慰安婦」として従事させられたと金さんは言われますが、そうすると1948年まで「慰安婦」だった訳です。我が国は1945年8月15日に無条件降伏しました。それから3年間も「慰安婦」として「日本軍」に強制的に従事させられていた、と金さんは主張されている訳です。

敗戦国である我が国が敗戦から3年間も金さんに強制できたのでしょうか?

とても信じられません。

金さんの記憶違いか沖縄タイムス記者の書き間違いなのでしょうね。記憶違いだとしたら、金さんの証言自体の信ぴょう性が薄れますし、記者の書き間違いだとしたら沖縄タイムスには算数のできる取材記者、校閲記者は居ないと言うことでしょう。
毎回当たらないダービー予想です。

まずは、データ的な事を言うとここ4年間は前走が皐月賞馬が勝っています。

2012年:ディープブリランテ 皐月賞3着
2011年:オルフェーブル 皐月賞1着
2010年:エイシンフラッシュ 皐月賞3着
2009年:ロジユニヴァース 皐月賞14着
2008年:ディープスカイ NHKマイルC1着

また、ここ10年間は前走が「JRA(日本中央競馬会)GⅠ・JpnⅠ」に出走していた馬が勝っており、そのレースで1着だった馬の勝率は46.2%です。とはいえ、上記の過去5年間で言えば前走G1で1着馬の勝率は40%ですから必ずしも1着に拘らなくても良いような気もします。

さらに、前走が「JRAのGⅠ・JpnⅠ」以外だった馬で前走が「2着以下」、つまり前走で勝てなかった馬は一頭もダービーを取っていません。

そして、過去10年の連対馬(1、2着)はJRAの重賞を勝っています。でも、ただ勝てば良いと言う訳でもなく前年11月以降の重賞で勝っていないと3着以内には入っていません。ダービーに近いところの重賞を勝っている必要があります。

ここまでで、キズナ、コディーノ、メイケイペガスター、ヒラボクディープ、ロゴタイプ、エピファネイア、タマモベストプレイ、マイネルホウオウで8頭に絞られます。

この中で前走GⅠ1着だったロゴタイプ(皐月賞)、マイネルホウオウ(NHKマイルC)が本命候補となり、ここ4年の実績から前走が皐月賞だったロゴタイプ(4枠8番)を本命とします。また、内枠が有利なので皐月賞3着のコディーノを対抗として3着にマイネルホウオウ、2400m実績のあるヒラボクディープへと流します。

<3連単>
8-2-13
8-2-7

さて、今年は区切りの良い第80回のダービーです。大体データなんてものは都合のよいものを拾ってくれば、それなりに理屈はつくもので殆ど当てにはなりません(ここまで書いてきたことは何だったんだ、というツッコミは置いときます)。

こういう記念大会は、主催者のJRAが勝ち馬をお膳立てしているという根強い都市伝説が競馬ファンの間では囁かれています。

ここで80回記念ですから「8」という数字に注目します。8番が勝つというのでは単純すぎて面白くありません。毎年、ダービーと有馬記念しか買わない僕ですが、競馬自体はGⅠレースだけですがテレビ観戦しています。

ここ数年、観ていて不満があります。武豊が全然勝っていないのです。武豊が勝たないと何か盛り上がらないのです。そして、お馬さん自体にもかつてのハイセイコー、ミスターシービー、ナリタブライアン、そしてディープインパクトといったスーパーホースがいないように思うのです。

武豊が最後にダービーを勝ったのは、2005年のディープインパクトです。そして、「8」年後の今年は、ディープの息子のキズナに武豊が乗っています。更に、今年の日本ダービーの国歌斉唱は何故か西田敏行です。

西田敏行と言えば、代表作は「池中玄太80キロ」でしょう。そして、福島出身の西田は東日本大震災の復興チャリティに積極的に参加しています。東日本大震災復興のスローガンは「絆」です。

1枠1番キズナ以外に1着は考えられません(笑

ということで、今年のダービーはキズナからロゴタイプ、コディーノに流します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。