日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The 85th. ACADEMY AWARDS(第85回アカデミー賞)が決まりました。主な賞は次の通りです。

作  品:アルゴ
監  督:アン・リー(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)
主演男優:ダニエル・デイ・ルイス(リンカーン)
助演男優:クリストフ・ヴァルツ(ジャンゴ 繋がれざる者)
主演女優:ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)
助演女優:アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)
脚  本:クエンティン・タランティーノ(ジャンゴ 繋がれざる者)

作品賞は「リンカーン」が本命と言われていて対抗が「レ・ミゼラブル」でしたが、サスペンスの「アルゴ」になったのは、ちょっと意外でした。「アルゴ」は1979年にテヘランで起きた米大使館人質事件を題材にした映画です。

人質救出のためにCIAが嘘のハリウッド映画をデッチ上げて、この映画スタッフに紛れ込ませて人質を救出するという、いかにもハリウッド映画的なトンデモ内容なのですが、これが「実話」だという嘘のような本当の話。

この意外性が作品賞を射止めたのかな~とも思いますが、実話だけに緊迫感のある演出が評価されたのでしょう。

監督賞のアン・リーは、台湾出身の監督。僕が映画記者をしていた頃は、「推手」「ウェディング・バンケット」「恋人たちの食卓」のようなアート系の小品の監督だったんだけど、いつのまにかハリウッド大作も撮るようになって二回目の受賞。アジア系の人が米アカデミー賞を受賞するのは、やはり嬉しい。

男優はどうでも良いので、主演女優のジェニファー・ローレンス。主演女優のノミニーは、彼女の他に本命候補のジェシカ・チャステイン(ゼロ・ダーク・サーティ)、最年長で86歳の誕生日が授賞式だったエマニュエル・リヴァ(愛、アムール)、最年少9歳のクヮヴェンジャネ・ウォレス(ハッシュパピー~バスタブ島の少女~)と話題性の高い部門だったけど、23歳の若いジェニファーが撮った。

助演女優賞のアン・ハサウェイは順当な所だと思う。

今回、「リンカーン」が12部門、「ライフ・オブ・パイ」が11部門、「レ・ミゼラブル」と「世界にひとつのプレイブック」が8部門、「アルゴ」が7部門にノミネートされたけど、これらで主な賞を分けあった感じになった。

そんな中で、「ジャンゴ」が助演男優と脚本の二つを取ったのは、さすがにクエンティン・タランティーノだなー、と感じました。クリストフ・ヴァルツは「イングロリアス・バスターズ」に続いてタランティーノ作品での受賞。この二人は相性がいいのかも。

アカデミー賞と言えば、やはり女優のファッションが話題なります。生中継されたレッドカーペットで気になった女優達の中で僕の一押しはジェシカ・チャステイン。アルマーニ・プリヴェ(ジョルジオ・アルマーニのオートクチュールライン)のドレスだそうです。

ジェシカ


The Hollywood Actressという感じです。古き良き時代の銀幕のスターのイメージですけど、古臭くはない。ヘアスタイル、メイク、ドレスとパーフェクト。

オスカー女優のジェニファー・ローレンスは、ディオールのクチュールライン。ドレスのラインがトゥーマッチかなとも思いますけど、肌の白さを際立たせる薄いピンク(だと思う)のドレスが似合っています。写真では分かりませんが、彼女のネックレスはダイヤのロングチェーンで、背中の方に長くドレープを持って来ています。10年位前に流行ったスタイルらしいですけど、また流行るのかも。

ジェニファー


最年少のノミニー、クヮヴェンジャネ・ウォレスはジョルジオ・アルマーニのブルーのドレスですけど、キャラクターのバッグが愛らしい。子供っぽくて良いです。

quvenzhaneWallis.jpg


「ザ・マスター」で助演女優にノミネートされたエイミー・アダムスは、オスカー・デラレンタのフリルたっぷりドレス。演じたのは、タフな妻役だったようだけど衣装は「魔法にかけられて」の可愛らしいお姫様のよう。ちょっとダサい。

エイミー


オスカーを取ったアン・ハサウェイはプラダで登場。かなり不評だったみたい。

アン・ハサウェイ


「レ・ミゼラブル」からは、アマンダ・セイフライト。アレクサンダー・マックィーンを堂々と着こなしています。「マンマミーア」のアマンダから女優として、すっかり貫禄が出て来た感じがします。レッドカーペット上でも自信満々な感じです。今回は、ノミネートされてないんですけどね。

アマンダ


他にも、ナオミ・ワッツとかジェニファー・アニストン、サンドラ・ブロックとか有名女優のファッションが話題になっていました。

おまけで米放送の生中継に写りこんだ中野美奈子。カンペのようなメモ用紙を必死に読んで復習しているのが微笑ましかった。

※写真は、twitterのハッシュタグ#Eredcarpetから拾ったものです。
スポンサーサイト
深津絵里さんが主演で西原理恵子さんの自伝的マンガ「女の子ものがたり」(小学館)を原作にした映画が作られるそうです。深津絵里さんと言えば、僕の世代だと「1999年の夏休み」が思い出されます。そのころ深津絵里さんは、水原里恵や高原里恵と言う芸名も使っていました。若い人だと「踊る大捜査線」でしょうか。

深津絵里さんは、JR東海のCMが印象的で覚えています。もう20年くらい前なんですね。深津絵里さんは、このCMでブレイクしたんでした。「1999年の夏休み」は一部マニアにカルト的に支持されていますけど、余りヒットはしませんでした。

深津絵里さんは、けっこう好きな女優さんです。デビュー当時は、両性的な魅力があって男性より女性に人気が高かったと思います。存在感のある女優というよりも、不思議な透明感のある雰囲気が魅力的でした。

ドラマとかで人気が出るにしたがって、透明感は無くなって来ましたけど、その分、存在感が増して来ました。あまり、ガツガツしたところを感じないのは、アミューズのタレントらしいと思います。マイペース、って感じも好きなところです。

西原理恵子さんは、大好きなマンガ家で、僕としては「まあじゃんほうろうき」を映画化して欲しいと前から思っていて、随分前にアミューズビデオのディレクターに話したこともありましたが、西原理恵子さんの初期の画風がディレクターさんに受け入れられませんでした。分かってないなーと思いました。

できれば、こちらも深津絵里さんで映画化して欲しいです。富田靖子でも良いな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000000-maiall-ent
 久しぶりに映画を見に行きました。
[M:i:Ⅲ]の続きを読む
 3日間掛けて「下妻物語」見終わりました(笑)
[下妻物語 PARTⅡ]の続きを読む
 昨日の朝日新聞にジェラール・フィリップの記事が掲載されていた。彼の主演作の数本の配給権が年内に切れるため、もうすぐ日本では上映出来なくなるようだ。

 池袋の新文芸座で開催される「銀幕の貴公子 ジェラール・フィリップ」(6月7日~16日)で代表作の「赤と黒」「肉体の悪魔」「モンパルナスの灯」を含む6作品が見納めになるようです。
[ジェラール・フィリップ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。