日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕も好きな東野圭吾の探偵ガリレオ・シリーズ最新作「容疑者Xの献身」が映画化され、今月から東宝系劇場で公開されているけど、ニュースによると3週連続で観客動員数が、1位になっているようです。

フジテレビ系列でTVドラマ化された「ガリレオ」が高視聴率を上げたから映画化されたんだろうけど、原作と異なり人気女優の柴咲コウをヒロイン?にしたのが良かったんだと思います。福山雅治もはまり役だし、やはり小説の映像化は、役者次第というところも大きいんじゃないかと思います。

それはともかく、「容疑者Xの献身」は、面白い原作なので興味のある方は一読をお勧めいたします。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000010-maiall-ent
スポンサーサイト
 全く知らなかったが、講談社の宇山日出臣さんこと宇山秀雄氏が、今夏に肝硬変で亡くなっていた。

 氏とは面識はないが、東京創元社の戸川氏と並んでミステリー界では知らない人はいない名物編集者だった。数多くの作者あとがきに宇山さんは登場していて、何となく親しみを覚えていた。

 宇山氏がいなければ、綾辻を始めとする新本格ムーブメントもなかっただろうし、森君も京極も世に出ることはなかったかもしれない。

 こう言う書き方は彼らに失礼であることは承知の上で、名伯楽は常にはいないのだと敢えて言いたい。

 僕は、本格ミステリーが好きだ。最近読むに値するものが無いな、と思い本棚の奥から「占星術殺人事件」を引っ張り出して読んでいたら、「ネジ式ザゼツキー」が文庫版になった。

 島田さんのデビュー作と最新作を続けて読み終わったばかりで、何の気なしに久しぶりに島田さんのサイトをのぞいて、訃報に接した。

 島田さんと宇山氏の仲を慮ると、これもミステリーの神様の計らいかもしれない。

遅ればせながら、ご冥福を祈ります。
 有栖川有栖(ありすがわ・ありす)も好きなミステリー作家です。
[有栖川有栖について]の続きを読む
 「異邦の騎士」と並ぶ島田荘司作品の代表作と聞いていたが、読む機会がなかった。先日、立ち寄った本屋に文春文庫があったので早速買った。
[夏、19歳の肖像]の続きを読む
 綾辻行人をご存知でしょうか? 最新作「びっくり館の殺人」が、思いもかけず早く発表されて、「びっくり」しているのは僕だけではないでしょう。
[「びっくり館の殺人」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。