日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hachiman 「芋」焼酎好きの間で人気の高い「八幡」の年に一回だけ発売される「ろかせず」は、名前の通り濾過しないで出荷される。度数も35度とレギュラーの「八幡」よりも高い。「八幡」自体とても旨い焼酎で好きなのだが、「ろかせず」は、「芋」の風味がさらに濃厚なので芋好きには堪らない酒である。
 最近の「芋」焼酎ブームのため「八幡」自体が手に入らなくなってしまった。ブームの前は、馴染みの酒屋さんで「八幡」も「佐藤」も「侍の門」も普通に店頭に置いてあって、いつでも買えた。それが、いつの間にか姿を消してしまった。ブームも最初の頃は「芋」だけだったのだが、それが「黒糖」にまで飛び火した。「龍宮」「長雲」と言った人気銘柄が手に入らなくなり、「まんこい」まで幻の焼酎になってしまったのには驚いた。
 ようやく「黒糖」はブームが一段落したようで、「まんこい」は店頭に並ぶようになった。が、残念なことに僕の好きな「龍宮」や「長雲」はまだ、いつでも買える様にはなっていない。「芋」は、相変わらずの人気で、「八幡」はなかなか手に入らない。「ろかせず」に至っては昨年から入荷したら取っておいてと頼んでいるのだが、いつ入荷するのか店にも分からない状況だ。
 
[八幡ろかせず]の続きを読む
スポンサーサイト
ishidaya.jpg 福井の銘酒「黒龍」に「石田屋」と言う酒がある。日本酒の最高峰の一つに数えられる素晴らしい酒だが、この酒を燗する集まりが年一回、多摩地区某所で行われる。
 「石田屋」を燗にするなど、信じられない人もいるだろうし、お蔵に対する冒涜だと思われる方もいるだろう。確かに普通は冷や(常温)若しくは冷酒で飲むんだろうけど、「石田屋」を人肌程度のぬる燗にすると、冷やで飲むよりも柔らかくて味が膨らむのである。
 「石田屋」を置いている店は少ないだろうし、置いていても燗にはしてくれない店が普通だと思う。僕が、初めて「石田屋」を燗にしたのは10年位前になる・・・。
[石田屋をお燗にする会]の続きを読む
 青森県八戸の酒「陸奥八仙」を独酌会で初めて利いた時は、「こりゃ、難しいなー」と思った。それから数年経ち幾度となく独酌会で利いたり、「おかげさん」で神ちゃんから「この八仙は良いよ」と勧められて飲んだ時も、「・・・」であった。
 造りもしっかりしているし、瓶燗急冷、保存も冷蔵保存で酒質が悪くなる要素は何もないのに、僕には雑味を舌に残す酒で好きになれなかった。でも、蔵の跡取の駒井君が頑張っているので応援したいとは常々思っていた。
 伊勢丹の府中店で、「青森物産展」(~12/29)をやっていて「陸奥八仙」も出展している。たぶん、駒井君も来ているだろうし、新酒も利けるだろうと思い朝一で出かけた。
[陸奥八仙]の続きを読む
14dai_1.jpg 年の瀬が押し迫ると「十四代 本丸 本生」が出荷される。17BYの新酒であり、通年の「本丸」が一回火入れなのに新酒に限り「本生」(生々=火入れなし)で出荷される。これが、通年の「本丸」よりも旨いのである(通年品も旨いのだが)。この酒が一升2310円(税込)で買える幸せを僕は楽しみにしている。高木君が初めて仕込んだ年から「十四代」を飲んでいる縁で、毎年年末にでる「本丸 本生」だけは昔からの付き合いのある酒屋さんで優先的に買うことができる。酒屋さんに迷惑が掛かるから、店名は明かせないが、良心的な酒屋さんである。普段の「十四代」は無理して飲みたい酒ではないが、新酒のこの酒だけは飲みたいと思っている。
[十四代 本丸 本生]の続きを読む
cup_1.jpgようやく、カップ酒選手権でグランプリとなった「沢の鶴 ひとはなグラス」を会社の近くのコンビで見つけたので買ってみた。
[カップ酒]の続きを読む
木曜日、朝起きたら吐き気がして頭が痛い。僕は滅多に頭痛などしない体質なので、心配になる。翌日も、断続的に頭痛がするので、土曜日に八王子にある脳外科に行った。
初めてCTスキャンなるものをやり、自分の脳とご対面(正確には脳の影か)した。一度、CTスキャンをしてみたかったので結構楽しかった。検査結果も異常なしなので一安心。
人間、安心すると腹が減る。ここは八王子であるから「八王子ラーメン」でも食べてみようと思い、たまたま見かけた「豚八」の暖簾をくぐる・・・。
[八王子ラーメン]の続きを読む
今日も寒かった。
「福千歳 純米ひやおろし」を燗にする。肴はホッキの焼き物と大根の肉味噌餡かけ。嫌いな酒ではないが、今一つ感動に欠ける。美味しいんだけど、「奥播磨」や「佳澄」のように心が震えるほどではない。平均点以上の酒だとは思うけれど、どこか突き抜けるものが感じられないのは、不満がある。とは言え、全てのお蔵さんが突き詰めた酒を醸している訳ではないので、まあ良いとしよう。
TVKのお見合い番組に、栃木の「澤姫」蔵の息子が出ていた。結果としてカップルが誕生したが、この後はどうなるのだろう。順調にお付き合いが進めば良いのだが・・・。
今日は、寒かった。義父の団地の餅つきに行く。昨日は、児童館の餅つきだったので、2連チャンである。
途中から雨が降ってきたので、早めに帰る。
昨日、いつもの酒屋に行けなかったので行こうと準備したら、また雨が強くなった。仕方ないので、寒い中トボトボと歩いていく。
ハル君を捕まえて「デッドストック物、何かない?」「奥播磨が良いなー。燗して良さそうなのが良い」。すると、13BYの大吟醸が出てきた。価格も2500円!
早速、湯燗徳利につける。旨い。「奥播磨」の熟成酒は、燗して旨いなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。