日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
室伏の北京オリンピック「銅メダル」が、ほぼ確定したようですね。

室伏は、前回のアテネ・オリンピックの時も1位選手がドーピングで失格になって繰り上がりで「金メダル」でしたから、2大会連続の「繰り上がりメダル」となりました。これも、珍しい記録なんじゃないでしょうか。

アスリートとドーピングの問題は、なかなか難しいと思います。例えば、風邪を引いて風邪薬を飲んだら成分に禁止薬物が含まれていた、というのでもドーピング検査で引っ掛かって失格になります。おそらく、禁止薬物と似た分子構造の薬物なら引っかかるんじゃないかとも思うので、ドーピング検査の結果=クロと言うのもどうかと思います。

更に難しい問題だと思うのは、あくまでも「禁止された薬物リスト」に載っている薬物が陽性だったら失格ということです。最先端のバイオケミカルの技術を持つ国家が、国家事業としてオンリストされていない新しい薬物を選手に与えていた場合、これは検査に引っ掛かりません。

で、殆どスパイ小説の話になりますが、各国の諜報戦でライバル国のバイオケミカル機密を大会前に知ることができれば、いち早くその薬物をオンリストさせてしまうことも考えられます。実際、ロス五輪の時には、こうしたスパイ小説もどきのことが行われた可能性があるようです。

アスリートとドーピングの歴史は、相当に古いそうですね。昔は、ワインが禁止された時代もあったようです。アルコールが記録向上に効果があると信じられたんでしょうね。現代と違って微笑ましいとも言えます。

ハンマー投げとか重量挙げなど、パワー系の種目ではドーピング多いですね。これは、単純に筋肉の量が関係するからなんでしょうか? ツール・ド・フランスなどのロードレースも多いから筋肉だけじゃないのかもしれませんが、良く分かりません。

ただ、薬物の力を借りても本人がトレーニングしないと効果は無いとも言われていますから、記録が薬物の力だけで生まれるものでもないようです。だからといって、薬物を肯定する訳ではないですが、ドーピングが絶対に悪かとも言い切れない気がします。

昔のように、五輪は純粋にアマチュア・アスリートの祭典ではなくなっていますから、プロ・アスリートの場合は、記録を伸ばすことは「仕事」ですから、成果をあげるための「ツール」の使用は、仕方ない面もあるように思います。

「記録が全てではない」、という正論の前には沈黙しますけど、少なくても自分の肉体で勝負している訳ですから、記録が伸びるのなら使っても良いような気がします。こんなこと書くと、周りから石投げられそうですけど・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081031-00000020-nks-spo
スポンサーサイト
マラドーナがアルゼンチンの代表監督になるようですね。最初、このニュースを聞いた時は「嘘だろ」と思いました。ディエゴが監督なんて、悪い冗談だと思いました。

そう思ったのは、僕だけではないようで、このニュースによると、欧州で活躍しているアルゼンチンの代表メンバーは殆どが賛成しているようですが、地元紙のアンケート調査では大多数の74%は反対だそうです。

「欧州で活躍している」と注釈がついていますから、国内にいる代表メンバーは反対なんでしょうね。

プレーヤーとしてのディエゴは、サッカー史上で最高のプレーヤーだったと思います。ちなみに最上はベッケンバウアー、最強はペレ。クライフやプラティニ、フリットやジョージ・ベスト・・・etc.はどうした、と言う声は聞こえません(笑)

しかし、「名選手必ずしも名監督ならず」という使い古された金言があります。恐らく、人望と言う点ではマラドーナ以上のペレだって監督はしていないでしょ。

ディエゴは、ピッチの上でこそ天才・神様・王様でしたが、ピッチの外では・・・?です。薬物やらアル中やら何やら、問題ばかり起こしています。果たして、ディエゴの伝説をリアルタイムで知らない選手がついて来ますかね? 若い選手は、最近の悪い印象しか持っていないんじゃないでしょうか?

「代表監督の荷は重い。ディエゴはもっと頭で考え、感情を抑えなくては務まらないだろう」と指摘したマンチェスターUのFWテベスは正しいと思いますよ。

でも、ディエゴの大ファンの僕としては、たとえ監督でもディエゴが代表のピッチに帰ってくるのは、物凄く嬉しいんですけどね。メディアやファンから叩かれて暴走する姿も同時に見なければならないでしょうから、やっぱり反対かな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000011-ykf-spo
秋は、日本酒好きには堪らない「ひやおろし」の季節です。日本酒は、春先からの新酒の生酒も良いですが、やはり一夏越して味の落ち着いた「ひやおろし」がしみじみと五臓に沁み渡ります。

「酒は純米、燗なお良し」と言うのは、まさに「ひやおろし」にぴったりの言葉だと思います。

ま、僕の場合は「純米」には全く拘りませんけど(笑)

ただ、「ひやおろし」が全て良い訳でもありません。昨今は、日本酒と言えば「無ろ過生原酒」ばかりが試飲会等でも、もてはやされていますが、「無ろ過生原酒」は「ひやおろし」には向かないのが持論です。

「生酒」が一夏越したら、生老ねするに決まっています。どれだけ低温で貯蔵しようが、普通は生老ねします。だって、タンク火入れの「ひやおろし」だって老ね味、老ね香で飲めたもんじゃないのが沢山あるんですから、生酒が老ねない訳がない。

この、老ねを「米の旨み」だと勘違いする日本酒ファンが多いのにも困ったもんです。特に、純米酒にひどいのが多い。精米歩合の低い(磨いていない)お酒だと、雑味も多いので、老ねと相まって飲めたものじゃない日本酒になってしまうのですが、一部の純米酒ファンの方には理解して頂けません。

本当においしい純米酒は、柔らかな旨みがあります。いやな雑味や老ねなどありません。ひどい苦味やえぐみなど、本当に美味しい純米酒には無縁のものです。

秋の一夜、月でも愛でながら美味しい「ひやおろし」で一献傾けませんか。
今日は「世界パスタデー」だそうですね。こんな日があるとはしりませんでした。

我が家では、イタリア大好きの妻の影響で一年365日の大半がパスタなので、「毎日がパスタデー」と言う感じなんですが(笑)

ま、それはそれとして、オリコンさんの調べでは日本人が一番好きなパスタは何と「カルボナーラ」なんだそうです。馴染みの深い「ナポリタン」じゃないんですね。ちょっと驚きました。

「カルボナーラ」は、我が家でも定番のパスタです。近所に良い卵屋さんがあるので、卵を買った日は昼から「カルボナーラ」にワインが定番です。卵とワインって実は合わせ難いんですけど、カルボだったらパンチェッタも入っていますし、胡椒も効いていますから赤でも白でも合いますよ。僕は白が好きですけど・・・。

カルボの場合は、やはり、新鮮な卵が決め手ですね。フレッシュの生クリームは火を通すので余り拘っていませんが、卵は重要です。それと、パンチェッタです。日本では本当のパンチェッタは中々手に入らないので、知り合いに頼んだりして極力切らさないようにしています。

世界パスタデーなので、今日の晩飯もパスタです。今日は、トマトベースのフィレンツェ風のパスタだそうです。ワインは、高畠ワイナリーのピノ・ブランにしました。トマトの酸味とピノ・ブランの酸味がマッチると思います。

皆さまも、美味しいパスタとワインで一週間も疲れを癒しましょう。

では、ヴォナ・ペティート!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081024-00000012-oric-ent
朝日新聞の土曜日版「Be」の今朝のフロントランナーは、「はせがわ酒店」の長谷川社長でした。以前、「はせがわ酒店」の某人気酒の販売方法について拙ブログで批判してますが、長谷川社長の日本酒と言うか地酒の普及に関しては僕は素晴らしいと思っています。

断言しますが、長谷川社長ほど日本酒、とりわけ地酒の普及に貢献している人はいません。多くの心ある酒販店さんが、地酒のイベントや隠れた銘醸蔵を発掘して普及に努めています。それは勿論素晴らしい事だと思います。

しかし、長谷川社長は、「日本酒」それ自体のステイタスの向上を戦略の核に据えている点が、他の酒販店さん達と大きく異なっています。

一言で言えばイメージ戦略です。そのために、日本酒のイメージとは程遠い表参道ヒルズへの出展という戦術を取り、東京駅のグランスタにも進出しました。国際線のファーストクラスに吟醸酒を置くようにしました。

酒屋のおやじがフェラーリやマセラッティに乗る姿を殊更にブログで書き、各地の人気蔵元にも高級車を勧めています。静岡の蔵はベントレーに乗り、山形と福島の蔵はポルシェに乗り、鹿児島の蔵は自家用ジェット機に乗っています(これは嘘です。確かフェラーリでした)。

どこそこの酒が旨いから飲んで、という普及の仕方もあると思いますが、長谷川社長は日本酒自体の底上げをイメージ戦略で取り組んでいて、それは成功しています。

はせがわ酒店の棚に並ぶことが全国の地酒蔵の目標になり、そのために蔵元は日々研鑚して高品質の酒を醸そうとしています。そうして、日本酒自体の底上げがなされていると思います。

今朝のインタビュー記事も良い内容でした。日本酒に関心がある方は是非とも読んで頂きたいです、そして長谷川社長の勧める銘柄を飲んで下さい。

素晴らしい、晩酌の一時をお約束致します。
一人辺りの平均ボーナスが7800万円(だったかな)で、なんじゃそりゃーと思った米証券会社のゴールドマン・サックスでも、グループ全従業員の10%をリストラだそうです。

リーマンの経営破たんに続いて、ゴールドマンのような巨大証券会社でさえも16カ月に及ぶ信用危機で、大きな打撃を受けたことを如実に物語っていますね。

ゴールドマンだけではないようです。

英バークレイズは、米国の従業員を少なくとも3000人削減する予定で、同社が買収したかつてのリーマン北米部門も対象になっているようですし、米メリルリンチでは、バンク・オブ・アメリカに買収されることに伴い、全従業員6万1000人のうち数千人が職を失うとみられています。メリルはすでに今年、全従業員の5%を削減しています。

ウォール街のリストラの嵐は当分やまないようです。そのうち、日本の兜町も同じ道を歩みそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081023-00000020-dwj-biz
ニュースによると、金融危機による世界的な景気悪化に加え、ユーロ安、ドル安が加速して、海外の缶詰企業が買い控えているため、国内の「冷凍かつお」の取引価格が10月から急落しているそうです。

僕の故郷・静岡県の焼津港では、9月まで1kg当たり200円だったのが、現在は150円台になって下がり続けているそうです。冷凍食品って保存目的のイメージがあって、景気に余り左右されない気がしていたんですけど、やっぱり影響されるんですね。

原料が値下がりしたら、製品も値下がりするから庶民の懐には良いかなー、と思ってしまうのですが、現実はそう簡単ではないようです。

焼津と言えば、枕崎に並ぶ鰹節の生産地です。最近は、鰹節と呼べる「本枯れ節」は殆ど作られていないようですけど、「冷凍かつお」は、パックの鰹節の原料です。

原料が値下がりしているので、鰹節メーカーには問屋から「値下げしろ」との要求が来ているそうですが、メーカーは、1kg200円の時に仕入れた「冷凍かつお」で生産しているので、直ぐには下げられないという事情があるそうです。

電気代もそうですが、不況の影響にはタイムラグがありますね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000004-jct-soci
僕も好きな東野圭吾の探偵ガリレオ・シリーズ最新作「容疑者Xの献身」が映画化され、今月から東宝系劇場で公開されているけど、ニュースによると3週連続で観客動員数が、1位になっているようです。

フジテレビ系列でTVドラマ化された「ガリレオ」が高視聴率を上げたから映画化されたんだろうけど、原作と異なり人気女優の柴咲コウをヒロイン?にしたのが良かったんだと思います。福山雅治もはまり役だし、やはり小説の映像化は、役者次第というところも大きいんじゃないかと思います。

それはともかく、「容疑者Xの献身」は、面白い原作なので興味のある方は一読をお勧めいたします。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000010-maiall-ent
我が家でも良く利用しているイタリア料理のファミリーレストラン「サイゼリヤ」が、同店で提供したピザ生地から有毒物質メラミンを検出したと発表しました。

ピザ生地は、またまた中国製で、厚生労働省が輸入業者に自主検査を呼びかけ、同社もサンプルを検査機関に送っていたそうですが、検査結果が出る前に店頭に出してしまい既に消費されているようです。

また、中国製かと言うのもそうですけど、サイゼリアも検査結果が出る前にお客さんに出していたのは、どうなんでしょうね。サイゼリアでは、「まさかメラミン入っているとは思わなかった」と危機感のないコメントを出しているようですが、呆れます。やはり、「思い込み」が大きなミスにつながるのでしょうね。

これだけ、中国産が危険だと騒がれている最中に、「食の安全」を看板に掲げているサイゼリアでさえ、こんなことが起こるのであれば、何を信じて外食レストランを選べば良いのでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081020-00000577-san-soci
中央区が1割お得な「買い物券」を販売したところ、1億円分が即日完売したニュースを読みました。

1万1千円分の買い物ができる金券を1万円で販売したら、半日で用意した1憶1千万円分が完売したそうです。でも、中央区以外では使えないし、大型スーパーや銀座の百貨店でも使えず、中央区にある中小の小売店のみでの利用だそうです。

僕の住んでいる自治体にも、同じような「買い物券」はあるようですが、プレミア率が低いのか話題になったことがありません。銀行の定期預金の利率が1%ないようなご時世ですから、10%のプレミア率は、けっこうなものだと思います。売れるのも当然でしょう。

でも、ですね。プレミア分の1000万円は中央区が負担する訳です。この原資は? と言えばやはり「租税」でしょう。中央区民が何人いるのか調べませんでしたが、1万人以上はいるでしょう。すると、税金を払っていながら、利益享受できる区民(買えた人)と出来ない区民が出るのは如何なものかと思います。

区のお役所の人は「地域振興に役立てて欲しい」等とお気楽な事を言っていますが、税金の使い道としてどうなんでしょうね? 僕には少々疑問です。ま、中央区民じゃないから、直接関係ないので強くは言いませんけど、何か腑に落ちない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081019-00000052-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。