日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パティシエの鎧塚さんと女優(だったんだ)の川島なお美の挙式の模様を、ニュース番組が細切れで伝えていました。少し前なら、特番で2時間枠を取ったと思うけど、不況の影響なんでしょうね。

久しぶりに豪華な披露宴です。景気の悪い話しかないから、こういうのも良いと思います。

直接の面識はないけど、川島さんとは少~しだけ縁があります。

僕の親しくする先輩が、学生時代の彼女の彼氏でした。彼女がミスDJの時代ですから、こんなこと書いても、今から20年以上も前なのでもう時効ですよね。その頃の彼女は、愛くるしいという言葉が似合っていました。

それから四半世紀、烏の爪痕なんてもんじゃない眼尻の皺(しわ)の深さに、年月の移ろいを感じました。皺と皺を合わせて「幸せ」と言いますから、皺が深いのも幸せの深さだと思えば救われますね。

お料理は、有名シェフが一品ずつ作っていました。

2皿目の酒井さんは、僕の知り合いのシェフの師匠です。彼女の通っていたワインスクールは、僕の知り合いのソムリエの師匠が講師でした。その縁で、僕が関係していたフレンチで彼女がワイン会をしてくれたりもしました。

酒井さんの、フォアグラのコロッケは、美味しそうでした。でも、次の中華の人もフォアグラだったのは、コースの流れとしてどうなのかなー。事前の打ち合わせとかないのかね?

ワインも川島さんセレクションだそうですが、フレンチ、イタリアン、中華、和食のコースですから、合わせるワインに悩んだでしょうね。ニュースでちらっと見ましたけど、苦心の跡がなんとなく伺われました。どう考えても、7種類用意しないと合わせようがないよな~。

美味しそうだったけど、ウニのパスタなんて、何にしたら良いのだろう。ヨード香の強いものにはワインは難しいけど、定番なら軽めのアントル・ドゥ・メーヌの白とか、イタリアならヴェルデッキオ辺りだろうけど、共にお安いワインだから、芸能人の披露宴では出しにくいと思う。芸能人は見栄張ってナンボのところがあるからなー。

和の料理人のトリュフの炊き込みご飯も美味しそうだったけど、ワインは難しいでしょう。ブルゴーニュの古酒がトリュフには定番だけど、炊き込みご飯だからなー。

自分たちの披露宴だから、ご両人の好きなようにすればよくて、他人がどうこう言うこともないのだけど、こんな風に書きたくなるのも「有名税」と言うことなんでしょう。嫌な言い方だけど、公開しなければ何も言われないのだから、マスメディアに乗った時点で、何を言われても仕方がないという覚悟があるのだと思います。

花嫁は、きれいだったし、料理もおいしそうだったから参列の方々は喜ばれたんじゃないでしょうか。50歳目前で、最良の伴侶を得た川島さんは幸せそうでした。

お幸せにぴんくはぁと

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090623-00000012-oric-ent
スポンサーサイト
全盲のピアニスト、辻井伸行さんが、国際的なピアノコンテスト「バン・クライバーン国際ピアノコンクール」で日本人として初めて優勝されたそうです。

物凄く薄い縁ですが、辻井さんのお母さんと僕の知人が懇意にしていて、知人から勧められて辻井さんのCDも良く聞いていたので、このニュースには驚くとともに良かったな、と思います。




知人の話によると、辻井さんは物心ついた頃から、ピアノが友達で作曲もしています。本当に、ピアノが好きらしく、ピアノがないと機嫌が悪くなるらしいです。24時間、ピアノと一緒の生活をしていると聞きました。

エイベックスからデビューCDが出ていますが、これにも自作ピアノ曲5曲が収録されています。

ロックフェラーの天使の羽
川のささやき
花水木の咲く頃
セーヌ川のロンド
高尾山の風

の5曲です。

オリジナル曲も素晴らしいので、一度聞いて見て下さい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000356-yom-soci
今回のイタリア旅行で買ってきたお土産や向こうで買って食べたものです。


ザッハで買ったチョコ

オーストリアでカフェに入れなくて、ホテルの売店で買ったザッハのチョコレート。
確か12ユーロ。

サルシッチャ

マルケのメルカートで買ったイノシシのサラミ。
これで、3.1ユーロと驚異的な安さでした。
でも、キロ当たり約20ユーロで、1.5キロ以上あるから本当は31ユーロ何だと思う。
日本に持って帰られないので、アントネロの家やホテルの部屋の晩酌で食べた。

サルシッチャ

上のイノシシのサラミの切り口。

サラミ

これも、マルケのメルカートで買ったサラミの切り口。
50センチ以上の長さがあった。確か20ユーロくらいだった。

パンチェッタ

パンチェッタ

これらは、アントネロが買ったパンチェッタ。1.5キロ以上あります。
やはり、カルボナーラとかはパンチェッタじゃないと美味しくない。
日本のベーコンはダメ。

ペコリーノ

これも、アントネロが買ったペコリーノ・ロマーノ。

エスプレッソ

これらもマルケのメルカートで買った、エスプレッソ用のコーヒー。
二段になっているので全部で70袋以上あります。
日本で買うと、ラバッツァのオロでも700円くらいするけど、平均1個250円くらい。
メルカートのオリジナルブランドのものだと1ユーロしないのです。
この中ではラバッツァのクレマ・エ・グストがお気に入り。
あと、マルケのロムカフェとか。
このほかにもローマのコナドで買ったものがあります。

ザッハトルテ

オーストリア空港で買った、デメルのザッハトルテ。

コーヒーブレイク

ザッハトルテと買ってきたエスプレッソでコーヒーブレイクです。

あ~楽しかった。また行こう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。