日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ミシュランガイド」の京都・大阪版が出版され、東京版の時のように賛否両論かまびすしいことです。でも、東京版の時と同じように「ミシュラン」自体を評価していない人が多いのに驚きます。

京都は、日本でも特に伝統と格式が生活の根底に根強く残っている土地柄ですから、小さなお店でも百年以上の歴史を持っていたりする訳で、それを数人の「調査員」が多くても数回食事しただけで「格付」なんてされたくない、というのは理解できます。

勝手な想像ですが、いまさらフランスのガイド本に「格付」されなくても、地元の舌の肥えた顧客からの「時の試練」を経て残っている店は、自ずから評価は定まっているという矜持をお持ちなんだと思うのです。

「瓢亭」さんなど400年という老舗の暖簾を今に掲げている訳ですから、たかが100年のしかも異国のタイヤメーカーの出すガイド本に、あれこれ言われたくないでしょう。

この辺りの老舗の心持ちを「ミシュラン」の調査員というよりも、編集長氏は全く理解していないように伺えます。だって、「うちが評価してるんだから、掲載拒否されても載っけるもんねー。売り上げも伸びるし何の文句があるの?」と言い切っていますからね。

文化・芸術(食も芸術だと考えるお国柄ですから)に関して世界一だと信じて疑わないフランス人らしいと言えば、らしいのですが。

ま、本国で「ミシュラン」と言えば、最高のステイタスを誇るガイド本ですから、日本の編集長氏が、このように考えるのも分かるし確かにそれがワールドスタンダードだと思いますが、ここは日本、それも京都ですから・・・と僕も言いたい。

さて、ここから本題です(笑)

ミシュランの調査員を友人に持つ知人がいます。僕はこの調査員氏とは面識はありますが、親しくはありません。知人がこの調査員氏から非公式に聞いた話を知人から聞いたので、100%の信ぴょう性はありません。又聞き情報であることを念頭に置いて下さい。

今回の京都・大阪版の出版の目的は、京都観光に来る外国人向けに「一見さん」でも入れる良いお店(日本文化を食と言う形で表現できるお店)を紹介することが第一義だったとのことで、観光収入が落ち込んでいる京都に少しでも外国人観光客を増やすために出版には政府も後押ししていたとのことです。

東京版の出版からずっと「ミシュラン」を拒んでいた京都のお店が、掲載を了承した背景には政府からの要望もあったようです。あくまでも、京都のために老舗が「ミシュラン」に協力したということのようです。

このような背景があったのは、おそらく事実だと思いますが、それはそれとして「ミシュラン 京都・大阪版」に掲載されることは、悪いことではないと思います。やはり、ワールドスタンダードである「ミシュラン」の評価は、それなりに価値があります。

お店側も「ミシュラン」には一定の評価をすべきだと思います。結局は、食事した人が最終的に評価をするのですから、ワールドスタンダードの「ガイド」(指標)にインデックスされることは誇って良いことだと思いますよ。
スポンサーサイト
全国展開している大手外食チェーン店が、全店舗で使用する野菜を国産に切り替えることを発表しました(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091006-00000003-trendy-ind)。全ての具材の野菜を国産化に切り替えるのは、全国チェーン店では初めてのようです。

食品の偽装問題が多発していることを背景に、消費者が「食の安全」に敏感になっていることから、国産品へとシフトしたようですが、輸入冷凍野菜(カットされている)に比べて国産品は、コストも加工の手間も掛かりますから、企業としてはやりたくないことに取り組む姿勢は素晴らしいことだと思います。

とは言え、国産品なら安心で安全かと言うと、残念ながらそうとも言えません。

中国や東南アジア、あるいは米国からの輸入品は、税関などで厳しくチェックされるので危ないものは水際で阻止されている、という事実があります。また、危ないものが検出された場合はニュースになりますから、「外国産=危険」というイメージが強くなります。

国産の場合は農協の指導もありますから、基本的に国の安全基準を守っているだろうという前提(思い込みとも言う)がありますから、実際の安全チェックは輸入品よりは緩やかなようです。

農薬の使用量にしても、必要以上に使っていることは多少なりとも食の安全に関心のある消費者ならば知っていることだと思います。スーパーにならんでいる、形も揃った虫食いの無い野菜が、無農薬や減農薬で造られているとは誰も思わないでしょう。

国産にしたから安全だと無批判に受け止めることは、やはり短絡的で安易なことだと思います。

また、国産の方が残念ながらコストが高いですから、この外食チェーン店でも単価が上がりました。この上がった単価は、「安全」に対する期待や信頼の価格のはずです。安全に取り組む企業姿勢は評価しますが、本当に安全性が従来よりも上がっているのかは中立的な機関のチェックが必要だと思います。
セカイカメラが4日間で10万件のダウンロードを突破したと大人気のようですが、セカイカメラを使った面白い動画をTouTubeで見つけました。

笑えます。

「セカイカメラ」は、頓智・(トンチドット)というIT会社が提供しているiPhone向けの拡張現実アプリケーションです(念のため)。

この手のアプリケーションは使う方のセンスが現れますが、この方のセカイカメラの遊び方は秀逸だと思いました。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000006-zdn_m-mobi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。