日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日米の科学者が放射線の人体への影響を共同研究している「放射線影響研究所」という研究機関があります。広島・長崎の被曝者の膨大なデータを調査研究しており、放射線防御基準を確立する基盤となる情報を提供している研究機関だそうです。

一口に発がんリスクと言っても、人体の部位別に大きく異なります。原爆被曝者の部位別がんリスクの表があります()。

これは、30歳の時に1Gy(グレイ)の被曝をした人が70歳になった時の発がんリスクを示したものです。男性と女性では感受性が異なりますが、この30歳モデルは男女の平均値だそうです。

この表によると「膀胱」は、放射線に対する感受性が高いようで発がんリスク「1.5」です。固形がんの平均が「0.5」ですから、「膀胱」は放射線に弱いんですね。

思考実験として、あなたは不幸にも1Gyの放射線を浴びてしまったとします。思考実験なので全身に平均に浴びたとすると1Gyの放射線は、1Svと同じ被曝量です。念のために言っておくと1Sv=1000mSv=1000000μSvです。

40年後、あなたが発がんしなかったとするとラッキーでした。平均で「0.5」の発がんリスクがあるのですから、ならなかったのはラッキーです。

では、「膀胱がん」が認められたとします。きっと、あなたは思います。「40年前のあの時に放射線を浴びたから膀胱がんになったんだ。東電を訴えてやる。でも訴えても膀胱がんが消える訳ではない。後悔してもしきれない」。

きっと、そう思うでしょう。

でも、考えてみて下さい。放射線を浴びなくても人は「がん」になります。この表の発がんリスクの数値は、放射線を浴びなくても発がんする人を「1」としたときに、放射線を浴びた場合の発がん率の増加を数値化しています。

あなたがなった「膀胱がん」は、自然に発生した「がん」なのか、放射線による「がん」なのか、それは純粋に確率論でしかないのです。そして、確率論で言えば「膀胱がん」は「放射線」由来の「がん」である確率の方が高いです。「膀胱がん」リスクは「1.5」で、自然になる「1」よりも確率が高いのですから。

1Gyの放射線を浴びた場合、「膀胱がん」になった「2.5人」のうちの「1.5人」が、放射線の影響でなったのですから、1.5÷2.5=0.6ですから、60%の確率であなたの「膀胱がん」は放射線の影響だったと言えます。

もちろん、40%の確率で自然発生だったかもしれません。

このように、放射線による発がんは、どこまで行っても確率論でしかありません。なぜなら、50%の確率で誰でも「がん」になるからです(統計から二人に一人が「がん」になります)。放射線を浴びた場合、「がん化」する可能性が高くなるだけです。

普通に生活していて1Gy(1Sv)の放射線を浴びる事はありません。都内でホットスポットとか言われている場所でも、5μSv/h程度です。この場所に24時間365日いたとして年間43.8mSvです。約23年間いて累積1Svになります。

そこから、40年後の「発がん」率が表の数値と言って間違っていないと思います。仮に0歳児からいたとして、63歳の時に「固形がん」が発がんするリスクが「0.5」です。自然発生する「がん」が「1」として「0.5」です。

確率で言ったら、23年間5μSvの場所にいた人が40年後に発がんしたとすると、0.5÷1.5=0.3333・・・。つまり、33%の確率で放射線の影響で発がんしたと言えます。

33%は、無視できない数値でしょう。

次に福島原発の周辺地域の現実的な数値として100mSvで考えます。我が家の近所の空間放射線量は、約0.15μSv/hです。年間1.3mSvですから100mSvになるには約77年、そこから40年だと死んでいるので、もう少し高い線量の場所で20年くらいで100mSvになったとします。

100mSvの場合のリスクは、固形がんで「0.05」です。もうお分かりだと思いますが、60歳で固形がんが発がんしたとして、それが放射線の影響だった確率は、0.05÷1.05=0.476
ですから、約4.8%の確率であなたの「がん」は放射線の影響だったと言えます。

武田先生とか小出先生とか原発反対派の方々が言われている年間1mSvとは、バックグラウンドを足すと年間2.4mSv位になります。約40年で100mSvになります。そこから40年後のリスクが「0.05」だと思いますが、100mSvに達した時点で「0.05」としてみても、その影響は4.8%です。

この4.8%と言う数字を武田先生のように「無視できないリスク」とするか、そこまで重大なリスクではない、とするか。考え方は人それぞれです。自分で考えれば良いのです。

僕が、何度もしつこいくらい放射線の影響について書いているのは、放射線リスクについて、このように説明しているメディアを知らないからです。「1Svの被曝で発がんリスクが1.5になります」、大体この程度の説明です。

「1.5」が意味するものが何なのか、多くの人が知らずに何となく「放射線って怖い」と思って原発反対を叫んでいるのであれば、それは馬鹿げています。

除染の基準を1mSvとすると、数兆円必要だそうです。仮に、基準を100mSvにしたら、数百億円で済むかも知れません。兆円規模のお金を、東北の復興費に回せるかもしれません。我々が負担する増税分も減るかも知れません。

放射線による「発がんリスク」は、どこまで行っても確率論でしかなく、「がん」になるかならないかは、誰にも分かりません。仮に「発がん」したとしても、それが放射線の影響だったかどうかは確率的にしか説明できません。

その数値が「4.8%」です。このリスクと経済性のトレードオフで、政策は決まってくると思うのですが、我が政府は分かっているのか、はなはだ疑問なのです。

※このエントリーでは、低線量の放射線の影響について武田先生のように「線形仮説」を取っていますが、僕が「線形仮説」を支持している訳ではありません。より安全側に極端にシフトして「線形仮説」を元に展開しているだけです。
また、このエントリーを書くにあたり、このブログの記事を参考にさせて頂きました。
スポンサーサイト
国立がんセンターの資料によると、1Svの放射腺で発がんリスクは1.5倍になるらしい。同じ資料では喫煙と飲酒による発がんリスクは1.6倍となっているから、ほぼ1Svの被曝量と同じリスクと言えるようです。

ただ、放射線の1Svは一度に浴びた場合ですが、飲酒は週にエチルアルコール(エタノール)換算で450g以上の場合となっており、その量を何日飲んだ場合かは明確ではありません。煙草に関しては、一日の本数も期間も明確ではありません。

それで、煙草は一日に一箱を一年間吸った場合と仮定したのでしょうか、Twitterで煙草一箱のリスクを被曝量換算して2.7mSvと計算された方がいます(1000mSv÷365箱=2.7mSv)。

これは、ちょっと違うんじゃないかなと思いました。肺がんになるのは40歳代から増えて行きますから、20歳から喫煙を始めたとして20年以上の喫煙習慣で肺がんになるリスクが1.6倍になっているように思います。

仮に、25年だとすると煙草一箱で2.7mSv÷25年=0.11mSvくらいじゃないでしょうか。

また、国立がんセンターの他の記述によると、「欧米では、非喫煙者に対する喫煙者の肺がんリスクは20倍とされている。日本では、それよりも低く日本人を対象とした疫学研究のメタ・アナリシス(2006年)では、男性で4.4倍、女性で2.8倍という結果だった。」とあります。

先ほどの資料の1.6倍とは異なりますが、この数値を取ると3Svの被曝量と等しいはずだから(100mSv以上の被曝量の場合は線形にリスクが増えて行くと仮定して)、一箱は0.33mSv(3000mSv÷[365箱×25年])となります。

はなはだ非科学的ですが、間をとって煙草一箱で0.2mSVくらいの被曝量と考えて見ましょう。

僕は非喫煙者なので、受動喫煙の方が気になります。やはり、国立がんセンターによると「受動喫煙による肺がんリスクは、科学的に有意と評価されていて受動喫煙がないものに対し20~30%高くなると推計されている」そうです。

受動喫煙の場合は、1.2倍~1.3倍の発がんリスクということです。これも間をとって1.25倍としてみると、喫煙者と一緒に生活していると一日0.16mSvの被曝量と考えられます(0.2mSv×[1.25倍÷1.6倍]=0.16mSv)。

もちろん、喫煙者が一箱吸っている間中横にいる訳ではないので、あくまでも計算上の参考値ですが、非喫煙者からしたら迷惑な話です。

マスコミが「ホットスポット」と騒いでいる場所は、空間線量では5μSvくらいです。その場所に一日いたとしても0.12mSvで、受動喫煙より少ないです。現実的には、校舎の裏とか、公園の隅の排水溝などには一分もいないでしょう。

僕には受動喫煙による健康被害の方が、ホットスポットよりも深刻な問題です。

あと、どうでも良い事なんですが、ホットスポットを探し歩いているお母さん達のお子さんを思う気持ちは分かるのですが、リスク管理されているのか気になります。ニュース映像を見ると、わざわざ高い線量の地面にサーベイメータを置いて測っていますが、線量が高いということは、その場所にある放射性物質が、他の場所よりも相対的に多いということでもあります。

つまり、ごくごく微量ではありますが、放射性物質を家に持ち帰るリスクを冒していることに気が付いているのかと心配になります。子供の健康を心配する行為が、逆に危険な物質を家に入れている可能性があることに注意を払って欲しいと思います。

※念のために書いておきますが、煙草を吸うと被曝する訳ではありません。放射線被曝のリスクは、発がん性にあるので、煙草の発がんリスクを被曝量換算で計算しているだけです。
また武田先生ネタです(今回は短くします)。

世田谷のホットスポットと福島県産米の出荷に関して、13日にこんなことを書いてます。

http://takedanet.com/2011/10/post_242c.html

実は、この文章はリライトされています(魚拓:http://bit.ly/nB9N5Y)。


魚拓と比べてみれば分かるように最初は、世田谷のホットスポットを「死の灰の性格からして当然起こりえる事」としていますが、原因が「ラジウム」だと判明したため、その部分を消して無かったことにしています。

自説が誤りだったことを訂正するのは良いのですが、誤っていた自説を隠すそうとするのは誠実な科学者とは言えません。

でも、僕が変だなと思うのは、こんなことではありません。文中で「μSv」を「mSv」と取り違えて表記していますが、これもケアレスミスでしょうから、どうでも良いです(1000倍違うけど)。

どうしても許せないのは、

“福島の新米を買うことができなくなりました。それは「二本松のお米が400ベクレルていど汚れている」からではありません。「ベクレル表示せずに販売する」からです。国の暫定基準である500ベクレルというのは1年間に5ミリシーベルト程度の被曝になりますから、労災適応ギリギリということです。明らかなダブルスタンダードですから、子供たちに福島のお米を食べさせることはできません。”

更には、

“最近、食材はますますひどい状態になってきました。無理矢理、関東、福島の野菜を食べさせるために、汚染されていない各地の野菜を出荷しないように圧力がかかっています。こんなことが起こるなんて、自由で明るい国、日本とは思えないですね。”

ここまで言うかって感じです(もう、この時点で長いな)。

科学的な矛盾点として、「500ベクレルというのは1年間に5ミリシーベルト程度の被曝になります」というのは、どういう計算なのか?

ご本人書いていないので、これまでの武田先生の日記から計算式を推測します。たぶん、間違っていないと思います。

武田先生は、セシウム137の実効線量系数(mSv/Bq)を「0歳≦3月児<1歳」の「2.5E-5」で計算されたのだと思います。これは、大人の約2倍です(参考:http://trustrad.sixcore.jp/dose_conversion.html)。

500Bq/Kg×1Kg×2.5E-5×365日=4.56mSv

この計算自体は正しいです。500Bq/kgのお米1Kgを365日間食べれば、約5mSvの預託実効線量(被曝)となります。

でも、「0歳≦3月児<1歳」が一日1Kgのお米を食べますか? 仮に1歳児が一日100gを365日食べたとして(これも疑問ですけど)約0.5mSvです。武田先生が「安全基準」とおっしゃる「1mSv」以下です。

これで「子供たちに福島のお米を食べさせることはできません」と武田先生はおっしゃる。

育ち盛りの3歳から13歳の実効線量系数は「1.0E-5」ですから、一日250グラム食べても0.5mSv以下、毎日500グラムのお米を食べても1mSvにはなりません。

最大で400Bq/Kgだった二本松のお米でも充分に「安全」だと言えるでしょう。しかも、二本松の「400Bq」は県が買い取って流通させないとしているのですから、福島産のお米を「買えない」と主張されるのは科学的に間違っていると僕は思います。

更に、「福島の野菜を食べさせるために汚染されていない野菜を出荷させないように圧力を掛けている」というのは、根拠があるのでしょうか? 「誰が」「いつ」「どこに」「どのように」圧力を掛けているのかを明確にしていません。

データ(ソース)を明確にしないで意見を言うのは、科学者として誠実な態度とは思えません。

自らが「安全基準」と主張される「1mSv」以下の影響しかない福島のお米を「子供達に食べさせられない」とするのは、明らかに矛盾しています。武田先生を僕が信じられないのも当然でしょう。

やっぱり、長くなったなー。でも、いつもよりは短いし、数式も少ない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。