日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乙武洋匡さんの銀座イタリアン・レストラン入店拒否騒動が話題になっています。正確には「入店拒否」ではなく「入店介助拒否」なのですが、乙武さんご本人が最初に「入店拒否」とツイートしたので、「車椅子の利用者を入店拒否するのは差別だ」とレストラン店主がネットなどで非難されました。

乙武さんの言い分は、彼のブログを読んで下さい(念のため魚拓

僕は今年から「福祉」について少し勉強しました。勉強して分かったことは、我が国は「福祉」について欧米社会から遅れているということです。それは、物理的なバリアフリーとか福祉制度などのハード面ではなく、社会それ自体に「福祉」の理念が根付いていないということです。

「福祉」の基本理念に「ノーマライゼーション」という考え方があります。英語で書くと「Normalization」なので、「ノーマリゼーション」と表記されることもあります。

教科書的に説明すると「基本的人権の根底には人間の尊重という理念があり、この人間の尊重を重視する視点から具体的に示された思想がノーマライゼーション」ということです。

簡単に言うと「障害を持った人も持たない人と同じように、ありのままの姿で同じように社会活動しているのが普通の社会」だという思想です。「普通の生活」と訳されることが多いです。

今回の乙武さんのケースに即して言えば、「車椅子を利用している人でも、そうでない人々が食事を楽しんでいるレストランで同じように食事をすることができる社会が普通のことなんです」ということです。

今回の乙武さんの経験は、ノーマライゼーションという福祉の基本的理念から言えば「ノーマル(普通)」ではないということになりますが、レストランの店主だけを批判するのは間違っています。

ノーマライゼーションの理念は、社会全体の有るべき姿を謳っておりレストラン店主個人に向けられるものではありません。つまり、乙武さんがこのレストランで食事できるように社会全体で援助しましょう、という理念なのです。

当日にレストランで食事していた人々、銀座の街でレストラン周辺で歩いていた人々が自発的に自然な行動として乙武さんを抱えてレストランまで連れて行く社会がノーマライゼーションが根付いた社会ということです。

福祉先進国と言われるデンマークなど北欧の国々では、こうしたことが当り前にように行われているそうです。

聞いた話ですが、デンマークで車椅子の老人が外出した時に下校中の小学生が老人の元に近付き「どこに行くのか」聞き、老人が向かう方向に数人の生徒が走って行って「車椅子が通りますから道を開けて下さい」と道行く人々に向かって告げた光景を見かけたそうです。

こういうことが日常的に行われているため福祉先進国では、今更「ノーマライゼーション」など口にしないそうです。それが、当たり前の社会になっているので啓蒙する必要がなくなっているのです。

日本にノーマライゼーションの思想が入って来たのは1981年だそうです。それから約30年経った今でもノーマライゼーションの思想が社会に浸透しているどころか、言葉すら知らない人のほうが多いのが我が国の福祉の現状だと思います。

僕自身、学ぶまで全く聞いたことも無い単語でしたから、偉そうなことは言えません。でも、「困っている人を見かけたら助けましょう」ということは、我が国でも昔から言われてきた事です。

そういう当り前のことが出来る社会になっていれば、例え事前に車椅子利用であることを告げなくても、乙武さんはお友達と楽しく食事ができたはずです。ネットでは乙武さんを批判する人も、レストラン側を批判する人もいます。

でも、真に悲しむべきことは「優しくない社会」が日本の現状であることだと、今回の騒動で感じました。
スポンサーサイト
橋下大阪市長の「従軍慰安婦」発言が物議を醸しています。橋下市長が「強制連行の証拠はない」と言ったことに対して、「私は慰安婦だった」と証言している韓国人の金福童(キムボクトン)さん(87)が沖縄で大学生と交流会を行い、沖縄タイムスの取材で次のように語りました(魚拓:沖縄タイムス社説2013年5月20日 元「慰安婦」証言]「私の存在が証拠です」

金さんは14歳のころ、旧日本軍に「軍服を作るために日本へ行く」と日本統治下の韓国から連行された。アジア各地の前線を転々とし、8年間、「慰安婦」を強いられた。(同社説から引用)



自称元慰安婦の金さんは、沖縄タイムスの記事によると87歳です。14歳の時に連行されたのですから、87-14=73で73年前です。現在2013年ですから2013-73=1940年。金さんは1940年に「慰安婦」として日本軍に連行され、8年間「慰安婦」として従事させられた、と語っています。

橋下氏が強制連行の証拠はない、と繰り返していることに「血の涙がにじむ経験をした本人がいるのに、どうして証拠がないと言えるのか。私がここに生きている。それ以上の証拠がいったいどこにあるのか」と批判した。(同社説から引用)



1940年から8年間を「慰安婦」として従事させられたと金さんは言われますが、そうすると1948年まで「慰安婦」だった訳です。我が国は1945年8月15日に無条件降伏しました。それから3年間も「慰安婦」として「日本軍」に強制的に従事させられていた、と金さんは主張されている訳です。

敗戦国である我が国が敗戦から3年間も金さんに強制できたのでしょうか?

とても信じられません。

金さんの記憶違いか沖縄タイムス記者の書き間違いなのでしょうね。記憶違いだとしたら、金さんの証言自体の信ぴょう性が薄れますし、記者の書き間違いだとしたら沖縄タイムスには算数のできる取材記者、校閲記者は居ないと言うことでしょう。
毎回当たらないダービー予想です。

まずは、データ的な事を言うとここ4年間は前走が皐月賞馬が勝っています。

2012年:ディープブリランテ 皐月賞3着
2011年:オルフェーブル 皐月賞1着
2010年:エイシンフラッシュ 皐月賞3着
2009年:ロジユニヴァース 皐月賞14着
2008年:ディープスカイ NHKマイルC1着

また、ここ10年間は前走が「JRA(日本中央競馬会)GⅠ・JpnⅠ」に出走していた馬が勝っており、そのレースで1着だった馬の勝率は46.2%です。とはいえ、上記の過去5年間で言えば前走G1で1着馬の勝率は40%ですから必ずしも1着に拘らなくても良いような気もします。

さらに、前走が「JRAのGⅠ・JpnⅠ」以外だった馬で前走が「2着以下」、つまり前走で勝てなかった馬は一頭もダービーを取っていません。

そして、過去10年の連対馬(1、2着)はJRAの重賞を勝っています。でも、ただ勝てば良いと言う訳でもなく前年11月以降の重賞で勝っていないと3着以内には入っていません。ダービーに近いところの重賞を勝っている必要があります。

ここまでで、キズナ、コディーノ、メイケイペガスター、ヒラボクディープ、ロゴタイプ、エピファネイア、タマモベストプレイ、マイネルホウオウで8頭に絞られます。

この中で前走GⅠ1着だったロゴタイプ(皐月賞)、マイネルホウオウ(NHKマイルC)が本命候補となり、ここ4年の実績から前走が皐月賞だったロゴタイプ(4枠8番)を本命とします。また、内枠が有利なので皐月賞3着のコディーノを対抗として3着にマイネルホウオウ、2400m実績のあるヒラボクディープへと流します。

<3連単>
8-2-13
8-2-7

さて、今年は区切りの良い第80回のダービーです。大体データなんてものは都合のよいものを拾ってくれば、それなりに理屈はつくもので殆ど当てにはなりません(ここまで書いてきたことは何だったんだ、というツッコミは置いときます)。

こういう記念大会は、主催者のJRAが勝ち馬をお膳立てしているという根強い都市伝説が競馬ファンの間では囁かれています。

ここで80回記念ですから「8」という数字に注目します。8番が勝つというのでは単純すぎて面白くありません。毎年、ダービーと有馬記念しか買わない僕ですが、競馬自体はGⅠレースだけですがテレビ観戦しています。

ここ数年、観ていて不満があります。武豊が全然勝っていないのです。武豊が勝たないと何か盛り上がらないのです。そして、お馬さん自体にもかつてのハイセイコー、ミスターシービー、ナリタブライアン、そしてディープインパクトといったスーパーホースがいないように思うのです。

武豊が最後にダービーを勝ったのは、2005年のディープインパクトです。そして、「8」年後の今年は、ディープの息子のキズナに武豊が乗っています。更に、今年の日本ダービーの国歌斉唱は何故か西田敏行です。

西田敏行と言えば、代表作は「池中玄太80キロ」でしょう。そして、福島出身の西田は東日本大震災の復興チャリティに積極的に参加しています。東日本大震災復興のスローガンは「絆」です。

1枠1番キズナ以外に1着は考えられません(笑

ということで、今年のダービーはキズナからロゴタイプ、コディーノに流します。
少々古い話題だけど、コンピューター将棋のプログラムと現役のプロ棋士が5対5で闘う電脳戦がプロ棋士側から見て1勝3敗1引き分けで、人間側の負け越しになった。

僕の予想では、まだまだ現役のプロ棋士に分があるだろうと思っていたのだけど(これは大方の予想もそうだったと推測する)、若手のホープの船江4段や現役トッププロであるA級2位の三浦八段までもが敗れた。

三浦八段は、悪手らしき手は指していないのだけど、GPS将棋(プログラムの名前)に完敗した。プログラムの読みが現役トッププロを凌いだと言っても間違いではないと思う。なぜ、「思う」かと言うと僕の棋力では、この将棋の内容を理解できないから。

プロの将棋はアマチュアの高段者(アマ名人戦のベスト8クラス)でないと理解できない。詳しくは、この記事を読んで欲しい⇒「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実

第三回電脳戦があるのかどうか正式発表はないけど、主催したドワンゴは「将棋は主要コンテンツ」と言っているし、日本将棋連盟の谷川浩司会長も前向きらしいから第三回の可能性は高い。

第三回があるとして、次は誰がでるのだろう。将棋ファンとしては、現役最強と思われる羽生三冠、渡辺三冠、森内名人のいずれか一人は出て欲しいと思うが、羽生さんは「出るなら他の公式戦は全てキャンセルして準備する必要がある」とまで言っているらしいから、彼らが出ても勝てる保証はどこにもない。

また、ルールの問題もある。

今回は、双方持ち時間6時間での対局だった。また、事前にソフトを提供した開発者もいたし、駆け引きなのか旧ヴァージョンのソフトを提供した開発者もいた(上記記事の塚田8段のコメント参照されたし)。ソフトには、何らかのバグがあって、それが弱点にもなると言われている。そのため、事前にソフトを提供して研究されると弱点を突かれることにもなりソフト側に不利だから提供を拒んだ開発者の気持ちも分かる。ソフト側で唯一負けた「習甦(しゅうそ)」は事前提供したため、研究された弱点を利用された。

将棋は盤前に座っているだけだから疲れないと思われるかもしれないが、6時間(昼食休憩はあるけど)集中するのは我々の想像以上に疲労するし、秒読みにでもなれば焦りから間違える。人間の弱さの一つは集中力が持続しない事と時間に追われて間違えることにある。

しかし、コンピューターは疲れない。電気さえ供給されていれば何時間でも何日でも変わらず読むことができる。それも一秒間に億単位の変化を読めるらしい。CPU恐るべし。

さらに三浦八段と対戦して完勝したGPS将棋は、PC670台をパラレル接続していた。670台のコンピューターがそれぞれ候補手を検討し、その中で最も良いと判断された手が選択される。言うなればGPS将棋は670人(PCを擬人化すれば)の合議制で戦っていた。

むろん、僕の様な弱い人間が何千人か集まって合議制で指してもプロには絶対に勝てない(これは100%間違いなく勝てない)。しかし、今のソフトは少なくともアマチュアの高段者よりも強いと言われていたし、プロと同等に指せることが今回証明された。

それで1対670は公平だろうか?

例えば、一局の間に人間が消費する代謝エネルギーを計算できたとして(実際に生化学的に計算できるらしい)、そのエネルギー量と等しいエネルギーしかコンピューター側は使えないようにしたらどうだろう。持ち時間は等しくしても使えるエネルギー量に制限があれば、コンピューターの読みにも限界が出てくる可能性はある。

ただ、人間がハンディをもらうみたいで潔しとしないかも知れない。でも、現状では候補手の検索力では人間はコンピューターには叶わない。その手の価値を決めるアルゴリズムも人間の読み(大局観)に近付いているらしいし、指し手が限定されてくる終盤では人間を遥かに凌駕している。

もはや、読みのスピードと深さで人間はソフトに叶わない時代に来ているのだから、何らかの制限(それをハンディと呼ぶかどうかは議論されるべきだけど)をPC側に課すのがフェアな勝負だと僕は思う。

また、ソフト開発者もエネルギー制限された中でのプログラミングという新たな課題に挑戦できるし、それによってソフトも進化していくように思う。

ともあれ、今回の電脳戦で新たな将棋の楽しみ方が発見できたことは、将棋ファンとして良いことだった。第三回が楽しみだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。