日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日本酒には、製造方法別に幾つか種類があるが、最近は「普通酒」について考えている。簡単に「普通酒」について説明すると、誤解を恐れずに端的に言えば、そのお蔵で「一番安価な酒」である。
 お米も高価な「酒造好適米」ではなく、「食用米」や「酒造好適米」でもグレードの低いもの(割れた破片などを含むお米)を使う。精米歩合も80%程度で、もろみ日数も短くて、粕歩合も低いお酒のことである。
 念のため、僕が取り上げたい「普通酒」は、3000石以下の地酒蔵の普通酒のことで、ナショナル・ブランドや地酒大手蔵のことではないので誤解しないで下さい。
 都内で人気の高い地酒蔵も、地元では「普通酒」が消費されているのが現状である。例えば、幻の日本酒の筆頭である「十四代」や人気の高い「飛露喜」も、地元では「朝日鷹」「泉川」の方が通りが良い。「奈良萬」蔵も、3000石あるが、その殆どは地元銘柄の「夢心」を造っている。静岡県の清水市在住者で「静こころ」は知っていても、同じ蔵の東京市場向け限定の「臥龍梅」は知らない人が殆どだと思う(清水の従兄弟に聞いてみてそうだった)。
 都内で「十四代」を置いている居酒屋でも、同じ蔵の「朝日鷹」や「黒縄」は扱わないし、消費者もたぶん飲まない。また、地酒蔵のWEBサイトで「商品一覧」の所に「普通酒」を載せているお蔵さんは極めて少ない。意識的に「普通酒」を避けているように思う。これって変じゃないか?
 正直言って、これまで美味しいと思った「普通酒」はなかった。でも、地元の人達は、一升で1700円以下の「普通酒」しか買わないという現実もある。いや、そう言う日本酒を買う人はまだ良い、大方は2リットル1000円しないパック酒を飲んでいる。日本酒と呼ぶのさえ憚られるお酒が「日本酒」だと認識されている不条理さには、耐えがたいものを僕は感じる。
 でも、特定名称酒を日常的に飲んでいる人は、本当に極一部の地酒ファンだけなのだと言う現実にもっと目を向けなくてはいけないのではないか。そして、特定名称酒しか日本酒と思っていない地酒ファンも、「普通酒」に目を向けるべきなのではないかと、最近考えている。
 
コメント
この記事へのコメント
広島に行って「九嶺」が買える店を探したら売ってないどころか「広島にそんな酒ないよ」とまで言われたとか・・(笑)
普通酒に方向性を持ってる蔵って少ないですよねぇ。「失敗した特定名称酒は普通酒に混ぜちゃった」って話も聴くので、たまたま今年はこんな味になったって感じじゃないでしょうか?そんなこともないかなぁ?
2006/01/30(月) 02:37 | URL | たきchan #kxoDeZd.[ 編集]
たきchanが、初コメントだー。
>広島に行って「九嶺」が買える店を探したら売ってないどころか「広島にそんな酒ないよ」とまで言われたとか・・(笑)
地元では、「雨後の月」だったように記憶しています。
>「失敗した特定名称酒は普通酒に混ぜちゃった」・・・
僕が、H君に嫌われた原因も、このタブーに触れたためでした。悲しい思い出です。
2006/01/30(月) 12:59 | URL | papaci #-[ 編集]
昨年弘前の豊盃へ蔵見学に伺いました。豊盃の普通酒はお米が県産米、自家精米で精米歩合60~63%、糖類は味が落ちるので絶対使わないそうです。普通酒は地元のニーズのために一升¥2000以下のお酒を出しているそうです。コストの制約はありますが、決して手を抜いてるようなイメージは受けませんでした。味も悪くなくお燗はかなり良かったです。普通酒といっても上質な本醸造に近いお酒~三増酒まで幅広くありますね。
2006/01/30(月) 23:39 | URL | くま@牛乳 #9pUm6bG.[ 編集]
>H君に嫌われた原因
それが原因だったんですかぁ・・。(笑)
くまちゃん、(横レス失礼します。)
豊盃の「ん」って本醸造かと思ったら普通酒なんですよね。素晴らしい。
2006/01/31(火) 00:52 | URL | たきchan #kxoDeZd.[ 編集]
>くま@牛乳さん
コメントありがとう。「豊盃」のようなお蔵の作る「普通酒」が、地元だけでなく流通してくれれば、と思います。でも、地方蔵は大都市向けは「特定名称酒」で、地元向けは「普通酒」と決めて掛かっている節が見受けられる。恐らく、そう言う地酒蔵は「普通酒」=「三増酒」なのではと思っています。
「豊盃」さんのように、「本醸造」に近いスペックの「普通酒」もあるのだから、自信を持って売って欲しいものです。

>たきchan
「ん」って「普通酒」だったんだー。
2006/01/31(火) 09:17 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/11-f5c0d5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。