日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本酒の日」に、大森の銘酒居酒屋「吟吟」さんが音頭を取って、ひやおろし一杯と酒肴一品をサービスするイベントが行われました。都内が中心ですが、秋田とか神奈川でも参加された居酒屋さんがあったようです。

で、四谷の「萬屋 おかげさん」に行って来ました。ここの店主は、このようなイベントに参加するタイプではないので珍しいこともあるもんだと内心思ってはいたんですけど、ひやおろしと酒肴がサービスされるのに文句はありません(笑)

「おかげさん」のサービスは、山口の「貴 ひやおろし」と自家製「イカの塩辛」でした。刺身の盛り合わせで出される「秋刀魚の肝和え」に着いてくる「秋刀魚の骨煎餅」と「塩辛」だけで相当飲めてしまいます。

「貴」は、確か「特別純米」だったと思いましたが、あいかわらず良い酒だと思います。最初に少し老ね香を感じましたが、「ひやおろし」ですから多少の老ね香は不可避でしょう。少し、時間が経ったら気にならなくなりました。

一夏越えた「純米酒」は、味のりと落ち着きが合って良いです。この日は常温で頂きましたけど、燗でも良いでしょうね。

居酒屋さんが自腹を切ってこういうイベントを行うことが、日本酒の普及にどれだけ貢献するのかは分かりませんが、やらないよりはやった方が良いとは思います。

ただ、10月1日が「日本酒の日」だということを知らない人の方が圧倒的に多いので、日本酒造組合中央会はもっと啓蒙活動に努めないといけないでしょうね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/131-e077d8dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
池袋の私書箱の紹介です
2008/10/03(金) 19:28:57 | 激安!池袋の私書箱新規オープンです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。