日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝のテレビで「サビ抜き」のお寿司しか流さない回転寿司屋の話題を見ました。

このチェーン店では、「サビ抜き」を注文する人が多いため、全品「サビ抜き」にして卓上に「本ワサビ」を置いているのだそうです。ワサビが欲しい人は、自分でネタとシャリの間に入れたり、醤油に入れたり、上に乗せたりしていました。面倒です。

街頭インタビューでも、「ワサビ食べれないー」と「ら」抜き言葉で答える若者が大勢いました。あの「ツン」とするのが嫌だそうです。最近の若者は、嫌いなものは無理して食べない傾向にあるそうです。

以前、居酒屋で「先ず一杯」の乾杯がビールではなく、甘いサワー類になっていて、「ビールは苦いから飲めない」と言う若者傾向がニュースになっていました。

「苦味」の次は「辛味」のようです。ますます、若者の舌は好き嫌いが激しくなっているようです。子供の頃に、相当甘やかされたんだと思います。

いくら嗜好品とは言っても、「甘」「辛」「苦」「酸」「塩」の五味が味覚の基本と言われています。このうちの40%が欠けた味覚では、何が美味しいのか分からないように思えます。

日本酒が嫌いな若者たちは揃って「臭い」とか「苦い」とか言います。彼らの味覚が破壊されているのも、日本酒嫌いの一因なのかもしれない、と思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/137-39b1b591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。