日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マラドーナがアルゼンチンの代表監督になるようですね。最初、このニュースを聞いた時は「嘘だろ」と思いました。ディエゴが監督なんて、悪い冗談だと思いました。

そう思ったのは、僕だけではないようで、このニュースによると、欧州で活躍しているアルゼンチンの代表メンバーは殆どが賛成しているようですが、地元紙のアンケート調査では大多数の74%は反対だそうです。

「欧州で活躍している」と注釈がついていますから、国内にいる代表メンバーは反対なんでしょうね。

プレーヤーとしてのディエゴは、サッカー史上で最高のプレーヤーだったと思います。ちなみに最上はベッケンバウアー、最強はペレ。クライフやプラティニ、フリットやジョージ・ベスト・・・etc.はどうした、と言う声は聞こえません(笑)

しかし、「名選手必ずしも名監督ならず」という使い古された金言があります。恐らく、人望と言う点ではマラドーナ以上のペレだって監督はしていないでしょ。

ディエゴは、ピッチの上でこそ天才・神様・王様でしたが、ピッチの外では・・・?です。薬物やらアル中やら何やら、問題ばかり起こしています。果たして、ディエゴの伝説をリアルタイムで知らない選手がついて来ますかね? 若い選手は、最近の悪い印象しか持っていないんじゃないでしょうか?

「代表監督の荷は重い。ディエゴはもっと頭で考え、感情を抑えなくては務まらないだろう」と指摘したマンチェスターUのFWテベスは正しいと思いますよ。

でも、ディエゴの大ファンの僕としては、たとえ監督でもディエゴが代表のピッチに帰ってくるのは、物凄く嬉しいんですけどね。メディアやファンから叩かれて暴走する姿も同時に見なければならないでしょうから、やっぱり反対かな。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000011-ykf-spo
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/150-3cc90a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。