日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーン編の続きです。

ウィーン、寒いです。事前に調べた天気予報では、「マイナス5度」だそうです。底冷えがすると言うか、芯まで冷える感じです。道路は、石畳だしなー。本当に、寒かったです。

大晦日のウィーンは、街に大勢の人が繰り出していました。ホテルから、ウィーン市内の中心だと思うのですが、シュテファン大聖堂まで歩いて10分弱です。ドナウ運河(だと思う)の支流を渡り、シュテファン大聖堂を目指しました。

シュテファン大聖堂 ライトアップされたシュテファン大聖堂は荘厳な佇まいで、中ではミサが行われていました。ゴシック様式のシュテファン大聖堂は、天に向かって尖塔が屹立しています。数年前に「世界遺産」に登録されたそうです。屋根には、独特のモザイク文様が刻まれています。大きな馬車が何台もシュテファン大聖堂の脇に並んでいました。

この、良く分からない写真は、ホテルの窓から撮った「シュテファン大聖堂と花火」です。ホテルの窓から花火が良く見えたので、シュテファン大聖堂と一緒に撮ったのですが、デジカメの三脚を今回は持って行かなかったので、写真はブレブレです。大失敗です。左上にぼんやりと光っている尖塔が、シュテファン大聖堂の塔です。

シュテファン大聖堂からケルトナー大通りをオペラ座方面に向かって歩きます。道には、ホットショコラを売る売店が点在していて、行き交う大勢の人たちがマグカップで飲んでいました。家から、マグカップを持って来たのかな~? とも思ったのですが、どうやらマグカップ付でホットショコラを売っているようです。

妻と娘は飲みたかったらしいのですが、僕がずんずんとオペラ座目指して歩いて行くので「買えなかった!!」と後で怒っていました。そんなの、言われなければ分からないよなー。僕は、オペラ座の向かいの「カフェ ザッハ」でウィンナー・コーヒーと「ザッハ・トルテ」を食べたかったので、屋台のホットショコラには、食指が動かなかったんです。

人ごみをかき分けながら歩くこと約10分。ついに、着きました。

「HOTEL SACHER」

憧れの「Cafe Sacher」は、この「Hote Sacher」の中にあるカフェです。伝統のある「Cafe Sacher」で、オリジナルの「Sacher-Torte」を食べるのが、僕の永年のささやかな「夢」でした。

しか~し、恐れていたとおり「Cafe Sacher」の入り口には、「長蛇の列」が延々と続いていました。とても、入れません。この寒い中を、外で延々と待たされるなんて冗談じゃありません。早々にあきらめました。

実は、「Hotel Sacher」には、もう一つカフェがあるのです。その名も「Sacher Eck'」で、正確には、カフェ&ワインバーです。こちらのカフェは新しくできたもので、観光客はみんな伝統的なカフェの方に行くので地元の人が利用している、と聞いていました。

でも、やっぱり大晦日ですね。「Cafe Sacher」程ではないですが、並んでいました。「Sacher Eck'」は、「お菓子売り場」から入れるので、待っていても寒くはないのですが、やはり並んでまで入る気にはなれませんでした。

それで、諦めて「Hotel Sacher」の「チョコレート」を一箱買うだけにしました。「Sacher-Torte」は、帰りにウィーンの空港で買えば良いな、と思ってやめたんですけど、これは失敗でした。それは、帰国の日の日記に書きます。

「Cafe Sacher」でお茶できなかったのは残念でしたが、仕方ありません。見られただけでも良かったです。それにしても、このカフェは、二つとも深夜まで営業しているんです。日付が変わっても営業しています。それだけ、ウィーンっ子にとってカフェは身近な存在なんでしょうね。

「Cafe Sacher」は、諦めました。しかし、ウィーンには、「カフェ・モーツァルト」もあるのです。しかも、「カフェ・モーツァルト」は、「Cafe Sacher」から、直ぐ近くなんです。食事は、シュテファン大聖堂の近くの「フィグルミュラー」にしようと思っていたので、フィグルミュラーへ行きがてら、少し寄り道すれば良いだけです。「Hotel Sacher」を半周するだけですから。

でも、皆さんご想像の通りで、並んでるんですよ。この、くそ寒い中を皆さん、並んでらっしゃるのです。大晦日のウィーンでは、有名カフェに入るには並ばなければならないんでしょうね。一つ勉強になりました。

次回は、ウィーンでのもう一つのお楽しみフィグルミュラーのオリジナル「ウィンナーシュニッツェル」です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/174-4d788aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。