日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィーンにショートステイしてイタリアに向う前に、とんでもないトラブルが発生しました。

オーストリア国際空港からウィーン市内に入る方法は幾つかありますが、一番快適なのは「CAT」と呼ばれるシティ・エアポート・トレインです。これだと、ウィーン市内のミッテ駅まで直通で16分です。30分おきに出ていて、とても便利だそうです。

でも、大人一人9ユーロ(車内で買うと10ユーロ)もします。リムジンバスは6ユーロですが、ミッテ駅ではなく、市内のケルトナー大通りに近いシュヴェーデンプラッツ駅発着です。ホテルがミッテ駅の近くなので、バスは却下。

そして、一番安いのが郊外電車シュネルバーンです。前売りで3ユーロです。娘は半額ですから、家族で7.5ユーロ。CAT一人分よりも安い。時間も25分でミッテ駅に着きますから問題ありません。

しかし、シュネルバーンは、空港駅⇔ミッテ駅の直通ではありません。郊外電車ですから、路線の途中に空港駅⇔ミッテ駅が含まれているだけです。進行方向を間違えると反対の方に行ってしまいますし、違う路線も乗り入れしています。

空港に向う朝。飛行機は朝7時半のフライトでした。余裕をみて5時半にホテルを出ました。安全にCATに乗れば何の問題もありませんでしたが、3ユーロと9ユーロの差は大きく、シュネルバーンにしました。

ミッテ駅からは複数の路線が同じホームから発着します。空港方向は分かっていたので、来た電車に乗りました。その時に妻が、「本当にこれ?」と言ったのですが、進行方向があっているので迷うことなく乗り込みました。

次の駅も空港に向う路線の駅です。「ほーら、合ってるじゃん」と妻に威張ったのも束の間、次の駅が違っていました。妻が危惧したように別の路線に乗っていたようです。

慌てて更に次の駅で降りて、反対方向の電車を待ちますが早朝のこともあり中々来ません。さすがに焦りました。娘は相当に怯えており、妻も不機嫌そうです。

ただ、僕はやばいなーと思いつつも、内心ではけっこう楽しんでいました。ツアー旅行では、まず味わえない旅の醍醐味です(誰も味わいたくはないと思いますが)。反対方向の電車が来たので、ミッテ駅までは戻らずに一つ手前の空港に行く路線の電車も止まる駅で降りて、時刻表を確認しました。

ローマ行きのフライトに間に合う電車があったので、ほっとしました。早めにホテルを出たのが幸いしました。海外で初めて乗る電車には余裕を持って乗るのが、自由旅行の鉄則です。そして、トラブルになっても決して慌てない事です。

このアクシデントは、娘にも良い教訓になったのではないでしょうか、これも教育と言うものです(笑)

と、妻に言ったら一言「バカ」と言われました。そりゃ、そうだよな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/177-65cda072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。