日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロレートのクリスマス チヴィタノーバ・マルケから10㎞位の所にロレートの街があります。アンコナから電車や車でマルケに向かうと右手の丘の上に大きなドゥオモが見えます。

以前から行ってみたいと思っていたので、アントネロに「ロレートに行きたい」と言ったら、「いいよ」と言うので我が家の家族とアントネロ、アンナリータ、ジュリアの三人で夕暮れのロレートに向かいました。

さて、ロレートの街について知っている日本人がどれほど居るか分りません。僕も、気になっていただけで、どんな街なのか全くしりませんでした。

ロレートのドゥオモ アンコナからの行き帰りに見える、大きなドゥオモが気になっていただけなので、大きな教会があるんだろうなー、位の認識でした。

でも、ロレートの街はローマ・カソリックの信仰者にとっては特別なところのようです。

それは、「黒の聖母」が祭られている教会だからです。「黒の聖母」は、ローマ・カソリックの信仰者にとっては、とてもスペシャルな対象のようです。

先代のローマ教皇ヨハネ・パウロ二世も、頻繁にロレートに訪れていたようです。

ロレートのドゥオモは、とても大きな教会でした。その聖堂の中央に小さな聖堂があって、その中に「黒の聖母」が祭られています。

小さな聖堂の中には、多くの信仰者が静かに、敬虔にお祈りを捧げていました。何も知らないで、足を踏み入れた僕は、あまりの静粛な雰囲気に異教徒の場違いさを恥じました。観光気分で、この場に居てはいけないと身が縮む思いでした。

それほど、真摯で厳かな空気が充満していました。信仰という空気に圧倒されました。自然と、皆さんの邪魔にならない隅っこに立ち、頭を垂れ、そして「黒の聖母」像を見つめました。

異教徒の焼き打ちに遭い、真っ黒に焼け焦げた聖母像が深い信仰の対象になっていることを肌で感じました。深い、深い祈りが充満している小さな聖堂に置かれた、「黒の聖母」は、ただ静かに信徒を見つめています。

救済というもの、安息というもの、癒しというもの・・・。

そういった諸々の感情が複合した、「信仰」というものを感じることができた、とても感慨深い経験でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/182-58bef11c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。