日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァチカン美術館には、システィーナ礼拝堂があり、「最後の審判」が描かれています。「最後の審判」は、ミケランジェロの最高傑作と言うよりも、人類史上最高のキリスト教絵画だと思います。スケールの大きさと言い、テーマの深遠さ、技術的な素晴らしさ、全てにおいて「最高」の芸術です。

昔の日記にも書きましたが、「信仰」というものが、このような芸術を生み出す原動力になったことに素直に感動します。僕はクリスチャンではありませんが、ただただ感動していました。

ただ、システィーナ礼拝堂内は撮影禁止なので僕は撮っていませんが、皆さんパチパチ(デジタルカメラなので、シャカシャカかな?)と撮っていました。中には、ストロボを発光させている人も居たのには呆れました。

礼拝堂の端には椅子があるのですが、埋まっています。なかなか空きません。「最後の審判」の唯一の欠点は、天井壁画なので、「首が疲れる」。本当は、小布施の岩松院のように床に寝そべって見るのが一番良いのですが、文化の違いかそうもいかないので、せめて椅子に座って見上げると少しは楽なのです。

ようやく空いたので座ってゆっくりと鑑賞しました。正面の壁画、天井絵をゆっくりと堪能しました。ただ、ただ幸せでした。至福の一時です。

でも、至福の時は長くは続きません。今日は、最終日なので他のスケジュールもあります。

まずは、ランチです(笑)。

天上界で至福の一時を遊んだ後、現世に戻ったらお腹がすきました。

今日のランチは、スペイン広場の近くにあるMARIOと決めていました。前回、ここのリストランテのお料理が物凄く美味しかったので、絶対に行くと決めていたのです。

特に「トリッパ」。楽しみだ~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/191-2b0eda42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。