日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァチカン美術館を後にして、ランチを食べるリストランテ・マリオに向かいます。マリオは、スペイン広場近くのリストランテなので、少々離れています。でも、歩いてみることにしました。やはり、自分の足で歩いてみないことには、町の良さは分かりません。

途中、サンタンジェロ城やカブール広場を通って、テヴェレ河をカブール橋を通って渡り30分弱でマリオに着きました。

まずは、「アンティパスタのマリオ風」をチョイス。小皿でアンティパスタが何皿も出ます。簡単な料理ばかりですが、味わい深く美味しいです。

続いてパスタを3品。トルテッリーニのラグーソースも美味でしたが、マリオのトマトソースは何かが違います。シンプルなトマトソースなんですが、味に奥行と奥深さがあります。ただトマトを煮詰めるだけなのに、この深遠な味わいは何なのでしょう。


美味い、旨い、美味、ヴォ~~~ノ!!

サラミ
前菜のサラミ

プロシュート
前菜の生ハム

mario_2
前菜のアーティチョーク

mario_1
前菜のフリッタートの盛り合わせ

mario_3
ラグーソースのトルテッリーニ

mario_4
ペンネ・アラビアータ

mario_6
シンプルなトマトソースのリガトーニ


が、残念ながら喜んだのもここまででした。メインの二品が・・・。

一番楽しみにしていた「トリッパ」が・・・・。

「塩辛くて食べられない!!」


前回は、こんな味ではありませんでした。トリッパは、豊潤な内臓の旨みが凝縮していました。トリッパだけでなく、これまで食べた内臓料理の中でもトップの旨さでした。

それが、塩の量を間違えたとしか思えない塩辛さで、ソースも前回とは雲泥の差です。

がっかりです。

もう一品の「ウサギのオリーブ煮込み」も塩辛くて食べられたものではありませんでした。

mario_5
「ウサギのオリーブ煮込み」

DSC00227.jpg
「トリッパ」


二人とも、皿に手をつけないので、カメリエーレが不審に思ったのでしょう、聞きにきたので妻がはっきりと「塩辛くて食べられない」と言ったら、カメリエーレが皿を下げてトリッパは代金を取られませんでした。

マリオの料理は、一番の楽しみだったので残念でした。確かではないのですが、シェフが変わったようです。プリモまでは美味しかっただけに、残念でした。

さあ、気を取り直して買い物です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/192-709b1e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。