日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政治ネタは、炎上の元だから余り書きたくないけど菅内閣の余りの不甲斐なさについ書いちゃいました。

尖閣諸島での中国漁船追突事件で中国人船長逮捕を逮捕したことによる対中国外交における菅政権の稚拙な対応には憤りを通り越して呆れはてている。いつから、我が国は情けない国家に成り下がったのか?

第二次世界大戦に負けたこと。敗戦国の悲しさで米国統治のもと、「憲法」までも押し付けられたこと。全ては、ここから始まっている。しかし、我が国と同じ枢軸国でありながらドイツやイタリアは、我が国ほど腑抜けではない(と思う)。

敗戦から今日までの間に我が国が諸外国から見下される原因となった事件、思い当たるものと言えば一つしかない。

1977年9月に起きた日本赤軍の日航機ハイジャック事件だ。日本赤軍は卑怯にも無辜の一般人を人質にとり、身代金600万ドルと収監中の赤軍メンバーの釈放を日本政府に要求した。

福田赳夫首相(前々々首相の福田康夫は長男)は、「人命は地球よりも重い」との迷言(一般的には名言と思われているようです)とともに日本赤軍の要求を全面的に受け入れて、身代金を支払い収監されていた赤軍メンバーを解放しました。

日本政府のこの対応から、「日本は人質とって脅せば言いなりになる」という国際認識が定着し、国際常識のない三等国家としてバカにされるようになったと考えます。

翌月(1977年10月)に日本と同じ敗戦国の西ドイツ(当時)のルフトハンザ機が、パレスチナ解放戦線にハイジャックされましたが、ドイツ軍はテロリストの要求には応じず、対テロリスト特殊部隊を突入させて解決しました。

日航機ハイジャックと同月にはドイツ赤軍により、西ドイツの実業家が誘拐され同じように仲間の釈放を西ドイツ政府に要求しましたが、西ドイツ政府は無視しました。その結果、実業家は死体となって発見されました。こうしたテロリストに屈しない姿勢は、現在でも国際社会のスタンダードです。一国、日本を除いて。

理由は、簡単です。テロリストは一国に対する敵ではなく、全世界の敵だからです。日本が身代金として渡した600万ドルで彼らは武器を買い、次のテロのために使います。それによって、他の人命が脅かされます。

実際、このときに超法規的処置で解放された赤軍メンバーが、ジャカルタの米大使館爆撃事件やローマでの爆撃事件など、数多くのテロ行為に関与しています。

福田首相の行為は人質を救ったけど、他の人間を危険に晒すことに協力したことと同じです。このことにより日本は、お金で問題を解決する国であり、他国が新たなテロの犠牲になることに協力する国家であると他国から思われても仕方がありません。

どんなに他国に援助をしようと、湾岸戦争などの国際紛争で資金援助をしようと日本が尊敬されない理由は、ここにあります。国際感覚の欠如と責任感のなさ、この一言に尽きます。

今回の中国人船長釈放も、全く同じ構造です。菅内閣は、「沖縄地検」の判断と発表しましたが、一地検がこのような国際問題を判断できるはずがありません。責任転嫁している分、福田首相よりも卑怯かもしれません。

政治家はどんどん、矮小化していると感じます。

先日亡くなられた小室直樹氏は、田中角栄元首相を擁護して「政治家の道義と小市民の道義は異なる。政治家は賄賂をもらっても汚職をしても良い、それで国民生活が豊かになるのなら許される」と言いました。

現在、この意見を支持する人は殆どいないでしょう。しかし、クリーン(本当のところはわかりませんけど)だけど国益を損なう国際交渉能力に欠ける政治家と、汚職はするけど交渉能力に長けて国益を守れる政治家と、どちらを選ぶのか。

先の選挙では、多くの選挙権を持っている国民が前者を選びました。菅内閣のこの体たらくでは、近々に選挙になるでしょう。有権者はどうするでしょう?

国家とは「国民の生命と財産を守る」ことが義務です。それが出来ない政治家は要りません。

日本や世界から非難されようが、中国政府は自国民の船長を守るために日本人を人質にとり、レアアースを交渉材料に日本に脅しを掛けました。国家の義務を果たしたことは間違いありません。

我が国は、どうしたか。今もってフジタ社員は全員解放されていません。こんな政府は、早々に解散すべきです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000051-mai-cn
コメント
この記事へのコメント
ヤクザ国家・中国と泥棒国家・ロシア
菅政権は、ヤクザ大国・中国の恫喝に簡単に屈服する政権であることを世界に証明し、極めて悪しき事例を残した。
弱腰の菅・仙谷政権を消滅させなければ、尖閣諸島はヤクザ中国に実効支配される可能性がある。
民主党政権には期待できないが、先手を打って尖閣諸島に海上保安庁から遠隔操作できる望遠の船舶監視カメラが4台付いた無人灯台を設置して日本の領土であることを明確にすることが望まれる。
蓮舫は、民主党の意向に沿って事業仕分けで防衛費を削り日本を弱体化することを企ててきた。
野党各党はそれぞれの立場で国会において徹底的に菅・仙谷政権を追及し、衆議院を解散に追い込んで頂きたい。
日本国のために、菅及び仙谷を含む民主党の全ての左傾議員を落選させることが望ましい。
2010/09/30(木) 15:58 | URL | 左巻き菅 #-[ 編集]
民主党は日本の政党なのかと思うような政策を実施しています。このままでは、韓国も竹島で同様の手段に訴える可能性も否定できません。
2010/10/01(金) 07:23 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/215-bcebd0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。