日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島第1原発事故の国際原子力事故評価尺度(INES)の暫定評価が旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同じ「レベル7」に引き上げられ、世界各国から日本政府に避難の声が上がっているようです。

また、「レベル7」がチェルノブイリと同じ評価であることから、チェルノブイリと同じ被害規模になると思っている人もいるかもしれませんが、国際原子力機関(IAEA)はチェルノブイリとは異なると指摘しました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000022-jij-int
INESの評価基準(http://bit.ly/ihdQmV)では、レベル7を「1万テラBq=1×10^16以上のヨウ素131の大気中への放出」(17Pに記載)とあるだけで「被害」については勘案されていません。単純に放射性物質の放出量だけを基準にしています。

今回、レベル7に引き上げたのは、ヨウ素131の放出量を

原子力安全保安院:3.7×10^17Bq(37京Bq)
原子力安全委員会:6.3×10^17Bq(63京Bq)

各々、このように試算したから、INESの評価基準に照らし合わせて「レベル7」になりました。

政府、東京電力、保安院、安全委員会が事故当初から、この放出量を試算していたとすれば、事故当時の「レベル5」と言うのは「嘘」をついていた事になりますから、重大な事項を故意に隠ぺいしていたのですから非難されてしかるべきだと思います。菅政権は責任を取るべきです。

ただ、放出量の計算が簡単なのかどうか、僕は分かりません。当初から分かっていたのかどうかは、いずれ追及されると思いますので、ここでは触れません。

発表された、放出量について考えます。

反原発のサイトに、「100万Kwの軽水炉を一カ月稼働すると3.1×10^18(310京)Bqのヨウ素131が蓄積して、それ以降は同じ量が存在する」とあります。

福島第一原発の1号機は46万kwで2~4号機が78.4万kwです。4号機はメンテナンス中で原子炉に核燃料はありませんから、原子炉一基分の使用済み核燃料が建屋にあったとします。1~3号機は、それぞれ原子炉と冷却プールに一基分ずつあったとすると、約500万kwの分のヨウ素131が蓄積されていたと推定されます。

3.1×10^18×5=1.55×10^19Bq

放出量は、多いほうの推定値で6.3×10^17Bqですから、蓄積量の4.1%が放出されたことになります。残りの95.9%は、閉じ込められています。

このことから、危険はないと言うつもりはありませんが、原子炉の健全性を示す「止める、冷やす、閉じ込める」のうち「閉じ込める」に関しては一定レベルの水準で保たれていると考えても良いと思います。

「止める」は出来ていますから、問題となるのはこれまでと同じように「冷やす」ことだけです。

「レベル7」になったからと言って、被害状況が大きくなる訳ではありません。危険性を必要以上に煽る行為は止めて、冷静に数値を分析して判断すべきと考えます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/220-cb6021f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。