日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月から中学校で武道が必修化されることに伴い、静岡県では「大外刈り」を禁止し、投げ技を使った試合は行わない、などとする安全指導指針をまとめました。投げ技を使えないので、試合は「座った」まま行うとのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000029-san-l22

これで「柔道」と言えるのかと素朴な疑問を持ちます。こんな中途半端な授業であれば「柔道」など、やらない方が良いと思います。

名古屋大学大学院の内田良准教授のまとめでは、平成22年度までの28年間に柔道中の事故により、全国で114人(中学39人、高校75人)が死亡。生徒10万人当たりの死者数も柔道は2.376人と、2位のバスケットボールの0.371人に比べ、突出しているそうです⇒http://bit.ly/wDfeFi

ただ、このデータですが、死亡事故の殆どは部活動のものです。授業での事故は1割程度です。授業だから、そんなにハードな内容ではないと思いますが、それでも死亡事故があります。授業だから体力のない子供や体の弱い子供も同じように授業を受けます。だから、より配慮した指導が求められます。

全ての体育教員が柔道経験者ではないでしょう。柔道の指導力に劣る教員が授業を行うことの方が僕は怖いと思います。文科省は、教員の指導力まで考慮して武道を授業に取り入れたのでしょうか?

武道を必修化することは賛成ですが、現場での指導のことまで考えて決められたのかどうか、何となくお役人の机上の空理空論で決定したように思えてなりません。だから、現場サイドでは極端に安全側にシフトして静岡県のような訳の分からないことをするのだと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/228-37b6510d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
2012/04/22(日) 12:33:58 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。