日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドン五輪で柔道や体操など「金メダル確実」って言われていた競技の選手が、銅メダルや銀メダルを取った後の会見でのコメントで喜んでいる人が誰もいない。これって変だと思う。

銀メダルだった柔道・中矢「金メダル獲らなきゃいけないと思っていた。ああいう結果になってしまった」


銀メダルの柔道・平岡「すぐ選手村に帰って、みんなに申し訳ないって頭下げた」


銅メダルの柔道・海老沼「金メダル取らなくちゃ意味がないと思う」「(監督に)申し訳ない気持ちでいっぱいです」


団体銀メダルの体操・内村「4位でも2位でも同じ」


柔道は「金メダル」が至上命令で「金にあらずはメダルにあらず」って平家物語みたい。内村のコメントは、傲岸不遜にも聞こえる。銀や銅メダルをバカにしているみたいな誤解を与えかねない。

内村の演技に対する判定ミスだった得点を修正されて銀メダルになったんだから、正当にメダルを勝ちとったと胸を張れば良い。誤審を正そうとしたコーチの努力もないがしろにしている。

確かに金メダルを目指して厳しいトレーニングを続けてきたのだから、金が取れなくて悔しいのは分かるけど、それでも「金以外は意味がない」とは思わない。ましてや、「申し訳ない」って謝るのは、異常な世界だと感じる。

オリンピックに出るだけでも凄いことなのだから、どの色であれメダルまで取ったら大喜びして良いんじゃないかな。

ウェイト・リフティングの三宅やアーチェリーの女子三人娘、水泳の寺川のように、笑顔で喜びを表すことが多くの人に感動を与えると思う。

そりゃ、松本薫の金メダルには感動したし「良かった」って思ったけど、初戦で負けた中村やメダル取れなかった福見の最後までくらいついて行った姿にも同じように感動した。

やってる本人は悔しいし不満だと思うけど、勝利を目指して懸命にやっている姿に人は感動するのだと思う。スポーツの素晴らしさって、そこにあるんだと感じる。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/238-c24e9dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。