日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダン・ブラウン原作「ダヴィンチ・コード」は、物議を醸しながらも全世界で7000万部の大ヒットとなり映画化されました。映画の続編(原作では、こちらが先)となった「天使と悪魔」は、ヴァチカン市国やローマ市内が舞台になっています。

サン・ピエトロ大聖堂やパンテオンに行く予定だったので、「天使と悪魔」の舞台を一回りしてみようと思いましたが、全部は回りきれなかったので部分的に回ったところの紹介です。

映画に登場する主な舞台は、ファンサイトによると次のものです。

サン・ピエトロ大聖堂
システィーナ礼拝堂 ⇒ ヴァチカン美術館内ですが、撮影禁止です。
サンタ・マリア・デル・ポポロ教会 ⇒ バスで通過。
サンタ・マリア・デラ・ヴィットリア教会 ⇒ 行ってません。
バルベリーニ広場 ⇒バスで通過。
ナヴォーナ広場
サンタンジェロ城 ⇒行ってません。

殆ど行けなかったけど、この他にパンテオンとかも出てきたような気がします(間違ってたらご免なさい)。

出発は、サン・ピエトロ大聖堂です。ここには、ミケランジェロの作品で最も好きな「ピエタ」があります。中学生の頃だったと思いますが、美術の教科書に載っていた「ピエタ」を見て大理石なのに布のような質感に驚き、いつか必ず見たいと思った作品です。

前回のイタリア旅行で初めて実物を見て感動しました。

vaci_3.jpg
ピエタ

サン・ピエトロ大聖堂のドゥオモの荘厳さも特筆すべき点だと思います。ドゥオモには登れるので娘は毎回登るのを楽しみにしていたのですが、今回は閉館になってしまい登れませんでした。

普通はエレベーターで途中まで登って行けるのですが、娘は一番下から階段で登るのが夢で今回こそ登ると決めていた様なので残念がっていました。我が娘ながら変わった性格だと思います。下から歩いていくのは、かなりきついと思います。

vaci_4.jpg
サン・ピエトロ大聖堂のドゥオモ

ヴァチカン市国には、教皇の衛兵として「スイス人衛兵」が常駐しています。カラフルな独特の制服で知られていますが、一説にはミケランジェロのデザインと言われていますが、20世紀になって決まったようなので実際は違うようです。

vaci_1.jpg
スイス人衛兵

閉館時間だったためか、スイス人衛兵が子供達と記念撮影をしていたので、これは滅多にないチャンスだと思って娘も一緒に撮らせてもらいました。娘の良い記念になりました。ただ、衛兵が「子供だけ」と言っているのに、ちゃっかりと撮っていた大人がいたのは残念でした。

vaci_2.jpg
サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂の前には、サン・ピエトロ広場があります。前回は、元日に来たので広場の地面が見えないくらい人がいてびっくりしました。ベネディクト16世の新年の挨拶がある時間だったので、幸運にも法王のスピーチを聞くことが出来ました。

piazza.jpg
「天使と悪魔」に出てきた「西」を示すサン・ピエトロ広場のレリーフ

サン・ピエトロ広場を囲む回廊の柱は、このように(↓)三列になっています。

piazza_2.jpg
三列になっている回廊の柱

しかし、知っている人は知っている有名なトリヴィアですが、広場のある場所からみると、このように(↓)一列に見えるのです。

piazza_3.jpg
まず、正面

piazza_4.jpg
左側。正面の建物の最上階の右から二番目が法王の部屋

piazza_5.jpg
右側

見事に一列に見えます。サン・ピエトロ広場に行ったら、是非この場所を探してみて下さい。ヒントは、↓の写真です。

piazza_6.jpg
ここから見ると一列に見える

「天使と悪魔」では、次の法王候補が次々と殺害されて行きます。原作と異なり生き残った候補が投げ込まれた噴水があるのが、ナヴォナ広場の「四大河の噴水」です。

roma_4.jpg
ナヴォナ広場

roma_5.jpg
「四大河の噴水」

ナヴォナ広場から少し歩くとパンテオンがあります。確か映画にも登場したと思うのですが、記憶違いかもしれません。

roma_6.jpg
パンテオン

roma_7.jpg
パンテオンのドゥオモ。「オクルス」から射し込む光

映画のパンフレットやジャケット等で使われている右面が天使、左面が悪魔になっている像(天使と悪魔像)は実在していないそうですが、パンテオンの天使像(↓)をモチーフにしたんじゃないかと勝手に想像しています。

roma_8.jpg
天使の像

「天使と悪魔」とは関係ありませんが、ローマ市内を歩いていて見かけた建築物です。

roma_2.jpg
ヴィットリオ・エマヌエーレ二世の記念碑

roma_3.jpg
イエズス会の本部、ジェス教会

roma_9.jpg
アドリアーノ教会の列柱

roma_1.jpg
フォロ・トラヤヌス。右の柱は記念柱

ローマ市内には至るところにローマ時代などの古代遺跡がゴロゴロしています。本気で見て回るには一カ月あっても足りないかもしれません。これまで行っていなかった所をたくさん回ろうと思ったのですが、残念ながら暑さのため断念しました。

それでも、テルミニからオペラ座を通り、ナショナル通りをエマヌエーレ二世記念碑からフィオーリ広場、ナヴォナ広場、パンテオン、トレヴィの泉まで歩きました。そこかしこに歴史のありそうな寺院や建物、広場があり楽しめました。

やはり、自分の足で歩いて回るのが旅の楽しみだと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/252-a5600b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。