日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで12回にわたって長々と書いてきましたが、ようやく終わりです。今回のイタリア旅行をざっと振り返りながら、多少は旅行の役に立つ(かもしれない)ことを書いてみようかと思います。

1日目:成田~イスタンブル
2日目:イスタンブル~ヴェネツィア/リド島
3日目:ヴェネツィア/リド島、ブラーノ島、ムラーノ島
4日目:ヴェネツィア~ペルージャ
5日目:ペルージャ/アッシジ
6日目:ペルージャ
7日目:ペルージャ~ローマ
8日目:ローマ
9日目:ローマ~成田
10日目:成田着

9泊10日の旅程でした。地図(Googleマップを加工)で見ると↓こんな感じで移動しています。

map_s.jpg
ルートは適当です。たぶん、こんな感じで通ったんだと思います。

ヴェネツィアからフィレンツィエまでユーロスターで行き、そこから在来線で移動しました。ユーロスターは久しぶりに乗りましたが快適でした。途中、時速298Kmと表示されていて本当か?と思ったんですけど、最高速度300Kmらしいので本当だったんでしょう。かなり、早いです。

イタリアで電車に乗るのに不安を持っている人もいるかもしれません。2等車は危険だから1等車に乗った方が良いという話もありますが、これまで2等車に乗って危険な目に遭ったことはありません。ユーロスターの2等車は安全だと思いますし、在来線でも2等車で十分だと思います。

ヴェネツィアについては「世界のどこにもない場所」とよく聞きます。僕は少し性格が歪んでいる捻くれ者なので、「カッパドキアだってマチュピチュだってピラミッドだって世界のどこにもない場所だろう、ヴェネツィアだけが特別なのか?」と行く前は思っていました。

カッパドキアもマチュピチュもエジプトも行ったことはありませんが、似たような景観(奇岩とか山岳都市とか巨大遺跡)の場所は、あるような気がします。でも、ヴェネツィアのような街は、「ない」ように感じました。それほど、魅力あふれる街でした。

ブログの記事では、マルコ・ポーロ空港、ヴェネツィア本島、ムラーノ島、ブラーノ島、リド島の位置関係が良く分からないかもしれないので、地図(Googleマップを加工)を作って見ました。

map.jpg
ヴェネツィアの位置関係

ヴェネツィアに行ってみて「二日や三日じゃもったいない」と感じました。多くの観光ツアーでは一泊(それも、夕方に着いて翌日昼過ぎに出発する)しかしないようです。それでも楽しめるとは思いますが、でも「もったいない」と思ってしまいます。

僕は旅行会社が主催する「パック旅行(団体旅行)」に懐疑的で、旅行に行くなら「個人旅行」が一番だと考えています。ただ、団体旅行の経験と言えば社員旅行で行った「韓国ツアー」(添乗員1人に社員6人だけのツアー)だけなので、団体旅行について正確に語ることはできません。

それでも、旅行に行って日本や海外の「団体旅行」のご一行様とは、観光名所やレストランで良く遭遇しました。それを見ていて思うのは、一つには「自由度がない」ということで、もう一つが「異文化」に触れる機会がない(減少する)と言う事です。

ローマの最初の夜のリストランテで、この両方の実例に遭遇したのでネガティブな内容ですが書いてみます。

その夜、いつも行くリストランテがオーナーが亡くなったため閉店してしまっていて、その店で働いていた顔見知りのスタッフが移っていた隣にある日本人旅行者には有名なリストランテに行きました。

テーブルに案内されて周りを見たら「日本人しかいない」のです。いくつかの部屋があるのですが、個人客は僕たちだけで他は日本人の団体客でした。彼らは大声で話しているので会話が良く聞こえるのですが、どうやら食事の自由度はないようでした。

この店では「日本語が話せるスタッフ」が居て、日本人のテーブルにはそのスタッフがやってきます。コースが決まっていてメインを「魚か肉」で選ぶだけのようでした。飲み物はオプションで、頼んだ人は追加でお金を払っていたようです。ここだけでなく、これまでレストランで見かけた団体旅行の人達も同じでした。

僕らのテーブルには、顔見知りのスタッフが来たので「(メニュにない)フォルマッジョとプロシュートとかサルシッチャの盛り合わせは出来る?」「今日のお勧めは?」等と会話しながら料理を注文しました。団体旅行だと、こうした料理の「自由度」は望めません。

イタリアは融通の利く国で、自由度がメチャある国です。レストランでは、メニュにない料理でも「出来る?」と聞けば作ってくれます(もちろん、材料があればの話ですけど)。別に追加料金を取る訳でもありません。この店でもメニュになかった「盛り合わせ」を作ってくれました。

盛り合わせ
プロシュートやフォルマッジョの盛り合わせ

ただ、この店は全体的にお高く、他の注文したフリットやラザニアは、とても残念な味でした(特にラザニアなんて客に出すものとは思えない)。今回の旅行で一番残念な夕食でした(オーナーが自分のブログで他店を「不味い」と言っているので僕も感想を正直に書いてみました)。

我が家にとって海外旅行とは「異文化」と触れあうことが最大の目的です。それは、その国の観光名所を見たりブランド品を買うことだけではなく、その国の人と少しでも触れあうことです。会話をしたり、彼らの食の好みを味わったり、考え方感じ方を知ることが「異文化」との出会いだと思っています。

イタリアは、融通が利く国で自由があります。でも、その根底にはキリスト教という「信仰」があります。イタリアの芸術作品の多くはキリスト教の「信仰」が形となったものですし、生活習慣も「信仰」を土台としています。

例えば多くの教会の入り口には、女性用のストールが用意されていました。真夏でしたから薄着やノースリーブの女性が多くいます。キリスト教圏の女性は、教会内に入るのにストールを羽織って露出した肌を隠していました。神や聖人に対する礼儀なのでしょう。

その一方で、ヴェネツィアではトップレスでボートに乗っている女性がいました。僕たちの乗っていたヴァポレットに並走していたのですが、キャビンの先頭でトップレスの美女が僕らの方を向いて笑っていて、目のやり場に困りました。さすがに写真は撮れなかったなー(笑

トップレスの美女だけを見たら、「イタリア人女性は性に対して奔放なんだなー、ポルノ女優が国会議員になるだけのことはある」、と言う少し軽薄な印象をイタリアに対して持つかもしれません。教会の女性だけを見たら、「信仰心に厚い敬虔なクリスチャン」という印象かも知れません。

この両極端の幅広さがイタリアの自由を端的に表現していると思います。イタリアに行ったら自由に楽しまなくては損です。イタリアとはそういう国です。それなのに、型にはまった自由度のない「団体旅行」でイタリア旅行をすることはバカげていると思います。

個人旅行では航空券、ホテルの予約、移動手段の確保など自分でやらなければならないことが多くありますし、全て自己責任です。でも他人任せの人生が詰まらないように、他人(旅行会社)任せの旅行で本当に満足できるとは思えないのです。

人生は旅に例えられます。であれば、自己責任で旅を楽しむことが、充実した旅行になるのではないでしょうか。イタリアに行こうと考えている方がいらっしゃれば、個人旅行で楽しんできて欲しいと思います。

そのために、今回の旅行記が少しでも役に立てば嬉しいです。今回の旅行で撮った写真の中から「祈り」をテーマにしてフォトブックを作って見ました。あまりアクセスがないのでブログで紹介しました(笑 ⇒ Photo Presso
コメント
この記事へのコメント
個人旅行は楽しそう!
私はツアーでしかイタリアには行ったことがないので、鉄道での旅行はとても魅力的です。レストランでも自由に食することができて楽しそうな旅だなぁと思いました。これからは個人旅行にむけて語学を勉強せねば…!と、思った次第です^^。
2012/09/28(金) 19:54 | URL | MUE@イタリア旅行 #ZKEs3CJw[ 編集]
ありがとうございます
MUE@イタリア旅行 さん

コメントありがとうございます。
ツアーには移動の利便性や価格面での良さがあると思っています。
個人旅行は面倒なことが多いですが、挑戦して見て下さい。
2012/10/01(月) 10:15 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/254-03ec4f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。