日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「アイアンシェフを予想する」(http://finesses.blog39.fc2.com/blog-entry-256.html)で予想した鉄人は、中華の脇屋さんだけ当たりました。まあ、脇屋さんは大本命の料理人でしたから、当たって当然と言えば当然なのですが、それでも嬉しいものです。

他の2鉄人は、大外れ。和食とフレンチは「ミシュランガイド2012」を重要視しすぎた僕のミスでした。世間では「ミシュランガイド」をもっと信頼しているものと過大評価し過ぎたようです。

さて、番組ですが思っていた以上に楽しめました。料理バトルの面白さである、真剣勝負の緊張感というものがあったと思います。

フレンチはロブションのお弟子さんの須賀洋介さんで、和は西さんのお弟子さんの黒木純さん。フレンチの巨匠と和食の神様のお弟子さんですから、「鉄人」の資格はあるとの制作サイドのエクスキューズなんでしょうが、やはり「鉄人」には弟子ではなくて巨匠本人がなって欲しかったです。

その点、脇屋さんはさすがに貫禄が違っていましたし、料理の厚みもブラウン菅越し(正確には液晶画面越し)に伝わってきました。フレンチの鉄人を含め他の三人のお料理には、厚みを感じられなかったのが残念です。見てくれは綺麗なんですけど、奥行きや深みが足りないと言ったら怒られるでしょうか。

黒木さんはミシュランでは一つ星ですが、高額店好きの外食通の間では良く知られた料理人さんです。辛口評論で毀誉褒貶の多い友里征耶さんが褒めているくらいですから腕は確かなのだと思います。

主宰は、ある意味脇役ですからコメントは避けます。でも、「Le Gastronomie」の掛け声は何か今一つ。直訳したら「食べ物」なんだけど、僕のヒアリングが悪くて「Le Gastronomie」って聞こえただけかも知れない。wikiでは「Good Gastoronomy!」って書いてあるけど、玉木の発音が良すぎるのか「Good」とは聞こえなかった。

今回から推薦人(旧鉄人のよう)が4人目のアイアンシェフにふさわしい料理人を挑戦させるスタイルになった。挑戦者が勝てば新鉄人になれるのだろうか? なんか、新鉄人がどんどん増えそうなんだけど(笑

ちなみに挑戦者を「ノミニー」って呼んでるけどなじみのない単語。「Nominate(指名する・推薦する)」って英語の動詞があるけど、これに関連して「ノミネートされた人」って名詞が「Nominee(ノミニー)」。

「挑戦者」じゃなくて、あくまでも「推薦された料理人」ってことを強調したいんだろうけど、普通に分かりやすい言葉で良いじゃんって思った。

どの鉄人と対戦させるのかを決めるのは、挑戦者もといノミニーじゃなくて審議委員会なるもの。審議委員会は、日本を代表する美食家で構成されていると言うけど、顔ぶれみると・・・。審議委員会メンバーが審査員も務めていたけど、皆さん「美味しい」としか言わない。

ゲストが「美味しい」としか言わないのは許すけど、「日本を代表する美食家」なんだから他に言葉ないのかね。作家の方もいたけど、語彙少ないよねー。開高健さんくらい、語彙のレトリックを駆使したコメントを聞いてみたい。

挑戦者もといノミニーが鉄人を指名する方が、人間臭さがでてドラマチックだと思うのだけど、どうだろう。

第一回の対決でも道場さんの弟子だったら、和の鉄人との対戦を見たかった。既述の通り、和の鉄人の黒木さんは、新橋「京味」の西さんの弟子。西さんと言えば、京料理の正統派の巨匠。

挑戦者もといノミニーの宮永賢一さんは、和食界の異端児と呼ばれた加賀料理の伝統を引く道場さんの弟子。正統派と異端児の愛弟子の対決の方を僕は見たかった。陳さんの息子は中華対決だったのに、なんで審議委員会はフレンチと対戦させたんだろう?

ま、色々と文句はありますけど旧「料理の鉄人」の雰囲気は残っていて面白く見られたし、負けた挑戦者もといノミニー(しつこいかな)の料理も良かったから、お店にお客さん増えるかもしれない。

来週は、黒木さんが登場すると思うから楽しみ。噂によると食材は、トリュフ、ラングスティーン、じゃがいものどれからしい。ノミニー誰か分からないけど、和食の人だったら「じゃがいも」対決見たいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/260-987542ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。