日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂本龍一さんが、提言型ニュースサイト「BLOGOS」で高速増殖炉「もんじゅ」の非公式ゆるキャラ「もんじゅ君」にインタビューされる形で脱原発について語っています。

タイトルにもなっている「坂本龍一さん、どうして音楽家なのに脱原発何ですか?」というもんじゅ君からの問いかけに対して、

うーん、これはべつに「ミュージシャン」っていう職業は関係ないと思うんだよね。たとえばさ、これは僕の考えだけど、魚屋さんでも肉屋さんでも八百屋さんでもミュージシャンでも、「人を殺しちゃいけない」とか「泥棒はしちゃいけない」っていう感覚はあるよね。それと同じことだと思うんだよ。

あれだけの巨大事故を目の当たりにしたらさ、「あれはないよね」って思うのが庶民の感覚でしょう。僕が「原発をやめよう」っていっているのは、ただそれだけのことなんだよね。



このように、答えています。

つい最近、中央自動車道「笹子トンネル」で崩落事故が起こりました。あの事故について「あれはないよね」って僕は思いました。庶民の感覚も同じだと思います。

でも、「トンネル廃止」を訴えてデモをする人はいません。「廃止」まで行かなくても、「100%の安全確認ができるまで日本中のトンネル通行止め」という訴えも聞きません。

また、登校中の児童の列に突っ込んだり、祇園で信号無視して歩行者を次々と跳ねたり、といった自動車事故のニュースを聞くたびに庶民感覚で「あれはないよね」って思います。

平成23年中の交通事故死者数は4612人です。最も多かったのは12月29日の26人で最も少なかったのは1月15日の3人です(「交通局交通企画課」の資料から)。毎日数人が自動車事故で亡くなっています。

それなのに、「自動車廃止」を訴えてデモする人を知りませんし、自動車のCMに坂本龍一さんは出られていますよね。

坂本さんは、このインタビューで

この「原発はあぶない」っていうのは感覚的なものなんだよね。僕はべつに放射能の専門家じゃないわけで、ただひとりの市民として、感覚的に「危険だ」と感じているだけ。



とおっしゃっています。

「自動車はあぶない」って感覚はないのですか?

また、先の「感覚」の説明で「人殺し」や「泥棒」を引きあいに出していますが、別の所では、

原発についてはさ、すぐ「代替案を示せ」っていわれちゃうじゃない。だけど「殺人はよくない」という意見に対して、もし反対する人がいるとしてね、そこで「人殺しがダメなら代替案を示せ」とはいわないわけでしょ。それとおなじだと思う。



このように言われています。

原発は「発電施設」です。電気を作る一つの方法です。それに反対するのに「殺人」「窃盗」という犯罪を引きあいに出すのは暴論と言うものです。「発電」は犯罪ではありません。代替案を議論することは可能です。

また、このインタビューで何度も「僕は素人」だからと口にされています。「素人」だから反論するだけで良い、というのは一つの見識ではあります。「感覚」で「あれはないよね」って思うから「原発いらない」と言うことは自由です。

また、「代替案なしでしゃべって何が悪い!」とおっしゃっていますが、その通りです。何も悪くありません。ただ、無責任なだけです。

坂本さんの音楽のファンの一人として、坂本さんの素晴らしい「感覚」は創作活動にのみお使い頂ければと心から思います。貴方に求められているのは政治的な発言ではなく、明日の見えない絶望の中で必死になって生きている人々の心を癒し、希望の光を灯してくれる音楽です。

天賦の才能を正しくお使い下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/272-50b48a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。