日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
衆議院選挙が終わり、自民党が公示前の118議席から294議席へと議席数を倍以上に増やしたのに対して、民主党は230議席から57議席と約25%に激減しました。自民圧勝は予想された通りでしたが、民主党がここまで負けるとは思っていませんでした。

自 民(118):294議席
公 明(21) :31議席
-----------------------
民 主(230):57議席
維 新(11) :54議席
みんな(8) :18議席
未 来(61) :9議席
共 産(9) :8議席
社 民(5) :2議席
国 民(2) :1議席
大 地(3) :1議席
無所属(10) :5議席

各選挙区の議席数がM人の場合、(M+1)人に票が集中する「デュヴェルジェの法則(wiki:http://bit.ly/aCMfRo)」というものがあります。前回の選挙では、この法則にかなり当てはまったのですが今回は、そうでもない印象です。

その理由を考えようと思ったのですが、投票率が59.32%と衆議院選挙では戦後最低だったのに脱力しました(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121217-00000034-asahi-pol)。選挙はいつでも重要なものですが、今回は「3.11」後の初の選挙であり、重要な政策が絡んだ我が国の将来に取って大事な選挙であったのに、国民の関心がこの程度しかないとは、いよいよ我が国の民度を疑いたくなりました。

年代別の投票率は出ていませんが、僕が投票に行った時間帯・場所に限って言えば20代らしき若者は一人もいなかったので、若い世代の投票率が低い事が予想されます(過去のデータ)。このような若者に育ててしまったのは年長者の我々の責任なので、我々オッサン世代は責任を取らねばなりません。

深く反省して、これまで以上にブログで思う所を書こうと決意を新たにしました。オジサンとして若者の首根っこ捕まえてでも、説教を垂れて行く事にします。「オヤジうぜぇ」とか言われたら、「オヤジとはそういうものだ!」と開き直ります。

若者から嫌われたって構いませんとも。嫌われて落ち込むようなナイーブな神経は持ち合わせておりません(娘を除く)。

と言うことで、投票に行かなかった若者君へ、オッサンから忠告しておきます。

まず、これを読みましょう⇒ http://bit.ly/RkAVid
次に、これにも目を通しておきましょう⇒ http://bit.ly/Yc454V
さらに、特に女性はこれも斜め読みしておきましょう⇒ http://bit.ly/UHrR3C

さて、上記を読んだ上で足し算をしてみましょう。自民党と公明党は連立与党になることが決まっています。この二党の議席数を足すといくつですか?

はい、325議席です。

では、我が国会の衆議院の定数は何議席ですか?

そうです、480議席です。

つまり、連立与党の議席率は、67.7%となり「議席数の2/3」を超えています。このことの意味する事が分かりますね。多分、中学の社会科で習ったと思うよ。

自民党は憲法改正して「自衛隊の国軍化」をし「集団的自衛権の行使」を行えるようにすると言っています。衆議院では自民党単独でも絶対安定多数を占めていますから、自民単独でもこの法案は可決されます。

ただ、参議院では否決される可能性があります。しかし、連立与党で「議席数の2/3」を占めていますから衆議院で再び可決する事ができます。「強行採決」と批判されますが、民主主義が「数の論理」である以上、合法であり止められません。

「全権委任法」のような改正案99条が憲法に組み込まれた場合、有事の際に有無を言わさず徴兵されるのは、まず君達若者です(過去の例に従えば文系の男子学生さん達だね)。我々オッサン世代は体力もないし前線に送られても使い物になりませんから、いよいよ最後となるまでは、お家にいます。すまんね。

もちろん、憲法改正には国民投票が必要なので、ここで反対すれば良いのだけど選挙に行かなかった君達は、たぶん国民投票にも行かないんじゃないかな。

僕は、自衛隊の国軍化も集団的自衛権を含めて憲法改正に賛成しているけど、反対したいと思った人は多いんじゃないかな。自民党が連立与党となった今、上で書いたことは現実に起こることだよ。

その時になって、「選挙の時に反対票を入れとおけば」って言っても遅いから。もちろん、君の一票で変わることは現実的には無い。組織票の強い政党が勝つ可能性の方が高い。それでも、若者の投票率が上がれば若者の声に耳を傾ける政党が必ず生まれる。

投票しなければ何も変わらない。現状のように若者に手薄く、老人に手厚い社会福祉政策は続き、有事の際には君達が戦場に行くことになる(可能性が非常に高い)。

それで本当に良いの?
コメント
この記事へのコメント
>僕が投票に行った時間帯・場所に限って言えば20代らしき若者は一人もいなかったので

あなたが投票に行った時間、全部でおよそ何人ほどいましたか?

確かに若者の投票率は実際良くありませんが、人口自体が少ないため、
全ての世代が均等に会場にいたとしても、20代は10人に1人いるかどうかです。

見かけにくいのは統計的に当然なのでは?
2012/12/18(火) 00:17 | URL | 若者 #mQop/nM.[ 編集]
>>若者さん

行列作っていましたから100人以上は居たと思います。10人に一人でも10人は居ておかしくない人数ですよね。
2012/12/18(火) 08:07 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/273-e87bd025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。