日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜宮高校の体罰問題に端を発し女子柔道五輪代表選手15名が園田監督(前)を始めとする監督・コーチの暴力指導を日本オリンピック委員会(JOC)に訴えるなど、スポーツの指導方法の問題が表面化しています。

今回の一連の体罰問題で「勝利至上主義」と多くの方が批判していましたが、僕は勝つために練習するのだと思います。スポーツは戦って勝つことを目標にするものだと思っています。「勝利至上主義」で良いと思います。

なでしこJAPANを例に出すまでもなく、スポーツは勝たなくては未来は開けません。勝つために一所懸命に努力する事を否定することは、やっている選手を否定することだと思います。

ただ、勝つための方法論を変えて行くことが、日本スポーツ界にとって必要なことだと考えます。

僕は「体罰それ自体で選手の能力が伸びることはない」と思っています。殴られる恐怖から逃れるために必死に練習して技術が向上する事はあると思いますが、練習を一所懸命にやらせる方法は殴る事がベストではない、と思います。

指導する側からは「恐怖支配」が一番簡単で猛練習させやすく、結果として効果が直ぐに出るので便利なのでしょうが、やはり間違っていると思います。

練習方法でも僕の小中高生時代、野球部では「うさぎ跳び」が練習として一般的でしたが、もう何年も前から「うさぎ跳び」は危険であるとスポーツ医学の専門家から指摘されており、「うさぎ跳び」を練習に取り入れている学校は殆どないと思います(検証はしていませんが、娘はやった事がない)。

我が国は「巨人の星」や「柔道一直線」などに見られるように「根性論」でスポーツを語ることが普通に行われて来ました、「根性」を鍛えるために「愛の鞭」という名の「暴力」が容認されて来たのだと考えます。

また、多くの青春ドラマ(「金八先生」や「ごくせん」、森田健作千葉県知事主演ドラマなど)では、不良生徒を教師が殴る(だいたい平手打ち)ことで立ち直る、というシーンが感動的なストーリーとして演出されてきました。これも、「愛の鞭」という名の暴力です。

教育の現場では「厳しい教師」ほど生徒思いの良い先生と思われているように思います。そして「厳しい教師」は、時として体罰も行います。逆は必ずしも真ではないのですが、「体罰も辞さない教師」⇒「厳しい教師」⇒「生徒思いの良い教師」となった可能性も否定できません。

スポーツに限らず教育の現場では、精神医学やスポーツ科学など最新のメソッドを取り入れた合理的な教育方法を採り入れて行くことは当然のことだと思います。プロ・アマ問わず日本選手が五輪などの国際大会で実力はあるのに勝てない(石川遼君は米ツアーで三戦連続予選落ちですね)のは、「日本人はプレッシャーに弱い」とスポーツ解説者が良く口にします。

これは、ストレスを耐えることで精神が強くなるという「根性論」で育って来てしまったため、臨機応変なメンタル・コントロールが出来ていないためだと考えられます。精神医学の専門家によるとストレスには「良性」のものと「悪性」のものがあるようです。

ここで重要なのは、このストレスを引き起こすプレッシャーには「良性」も「悪性」もなく、受けとめる人間の気持ち次第で「良性」になったり「悪性」になったりするそうです。痴漢などのセクシャル・ハラスメントと似ています。

優勝の掛かった3メートルのパットを入れる時のプレッシャーを「良性ストレス」と感じるか「悪性ストレス」と感じるかで結果が異なることは容易に想像できます。これまで指導者は「プレッシャーを乗り越えろ」と指導はできても、その方法論は「根性」や「経験」しかなかったように思います。

厳しい練習を強要して、その苦しさを耐えることでプレッシャーに耐える精神性を養っていく、という方法論です。厳しい練習の中では、体罰という肉体的な痛みを伴うプレッシャーも効果があると考えられてきたのだと考えます。

でも、体罰と言う名の暴力による肉体的な痛みを伴わないメンタル・トレーニングでプレッシャーを「良性ストレス」と感じることができるような指導方法が、現代のスポーツ界では求められるように思います。

もっともメンタルコントロールが出来れば勝てるかというと、そんなことはありません。技術だって磨かなくては絶対に勝てません。技術を磨くには練習しかないでしょう。理論を学び、練習で実践していき技術を磨くことは勝つために重要です。

問題となっている柔道は「心技体」と良く言われます。この三要素を一人の監督で指導しようとしている事に無理があると思います。スポーツ心理学の専門医、柔道コーチ、栄養管理士の三人態勢で選手を指導し、この三人を管理する総監督を置くのが日本柔道が変わって行くことに必要なことだと考えます。

日本代表クラスの選手は技術的には世界のトップレベルにいますから、柔道コーチがいれば、総監督は柔道経験者でなくても良いと思います。マネジメントの専門家を外部から招聘するような柔軟な発想も必要なのだと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/280-856707d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。