日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少々古い話題だけど、コンピューター将棋のプログラムと現役のプロ棋士が5対5で闘う電脳戦がプロ棋士側から見て1勝3敗1引き分けで、人間側の負け越しになった。

僕の予想では、まだまだ現役のプロ棋士に分があるだろうと思っていたのだけど(これは大方の予想もそうだったと推測する)、若手のホープの船江4段や現役トッププロであるA級2位の三浦八段までもが敗れた。

三浦八段は、悪手らしき手は指していないのだけど、GPS将棋(プログラムの名前)に完敗した。プログラムの読みが現役トッププロを凌いだと言っても間違いではないと思う。なぜ、「思う」かと言うと僕の棋力では、この将棋の内容を理解できないから。

プロの将棋はアマチュアの高段者(アマ名人戦のベスト8クラス)でないと理解できない。詳しくは、この記事を読んで欲しい⇒「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実

第三回電脳戦があるのかどうか正式発表はないけど、主催したドワンゴは「将棋は主要コンテンツ」と言っているし、日本将棋連盟の谷川浩司会長も前向きらしいから第三回の可能性は高い。

第三回があるとして、次は誰がでるのだろう。将棋ファンとしては、現役最強と思われる羽生三冠、渡辺三冠、森内名人のいずれか一人は出て欲しいと思うが、羽生さんは「出るなら他の公式戦は全てキャンセルして準備する必要がある」とまで言っているらしいから、彼らが出ても勝てる保証はどこにもない。

また、ルールの問題もある。

今回は、双方持ち時間6時間での対局だった。また、事前にソフトを提供した開発者もいたし、駆け引きなのか旧ヴァージョンのソフトを提供した開発者もいた(上記記事の塚田8段のコメント参照されたし)。ソフトには、何らかのバグがあって、それが弱点にもなると言われている。そのため、事前にソフトを提供して研究されると弱点を突かれることにもなりソフト側に不利だから提供を拒んだ開発者の気持ちも分かる。ソフト側で唯一負けた「習甦(しゅうそ)」は事前提供したため、研究された弱点を利用された。

将棋は盤前に座っているだけだから疲れないと思われるかもしれないが、6時間(昼食休憩はあるけど)集中するのは我々の想像以上に疲労するし、秒読みにでもなれば焦りから間違える。人間の弱さの一つは集中力が持続しない事と時間に追われて間違えることにある。

しかし、コンピューターは疲れない。電気さえ供給されていれば何時間でも何日でも変わらず読むことができる。それも一秒間に億単位の変化を読めるらしい。CPU恐るべし。

さらに三浦八段と対戦して完勝したGPS将棋は、PC670台をパラレル接続していた。670台のコンピューターがそれぞれ候補手を検討し、その中で最も良いと判断された手が選択される。言うなればGPS将棋は670人(PCを擬人化すれば)の合議制で戦っていた。

むろん、僕の様な弱い人間が何千人か集まって合議制で指してもプロには絶対に勝てない(これは100%間違いなく勝てない)。しかし、今のソフトは少なくともアマチュアの高段者よりも強いと言われていたし、プロと同等に指せることが今回証明された。

それで1対670は公平だろうか?

例えば、一局の間に人間が消費する代謝エネルギーを計算できたとして(実際に生化学的に計算できるらしい)、そのエネルギー量と等しいエネルギーしかコンピューター側は使えないようにしたらどうだろう。持ち時間は等しくしても使えるエネルギー量に制限があれば、コンピューターの読みにも限界が出てくる可能性はある。

ただ、人間がハンディをもらうみたいで潔しとしないかも知れない。でも、現状では候補手の検索力では人間はコンピューターには叶わない。その手の価値を決めるアルゴリズムも人間の読み(大局観)に近付いているらしいし、指し手が限定されてくる終盤では人間を遥かに凌駕している。

もはや、読みのスピードと深さで人間はソフトに叶わない時代に来ているのだから、何らかの制限(それをハンディと呼ぶかどうかは議論されるべきだけど)をPC側に課すのがフェアな勝負だと僕は思う。

また、ソフト開発者もエネルギー制限された中でのプログラミングという新たな課題に挑戦できるし、それによってソフトも進化していくように思う。

ともあれ、今回の電脳戦で新たな将棋の楽しみ方が発見できたことは、将棋ファンとして良いことだった。第三回が楽しみだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/283-86a7283b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。