日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨夏お邪魔した喜多方のお蔵「夢心」酒造の東海林さんと、同じ喜多方の「喜多の華」酒造所の星さん、会津坂下の「曙」酒造の鈴木さん達と「馬シャブ」を囲みながら三蔵さんのお酒を飲むために一泊二日で出かけて来ました。
 恵比寿の馴染みの居酒屋の大将N氏を誘い、朝8時8分の東北新幹線MAXやまびこで郡山まで。この時間なら空いているだろうと思い、15分位前にホームに行けば良いか、と考えていたら甘かった。
 まだ、スキーシーズンのようで、ホームにはゲレンデを目指す人たちが一杯いた。幸い、早めに着いていたため、自由席の先頭に並ぶ事が出来たので事なきを得たけれど、甘く考えてはダメだなー、と少し反省。
 郡山からは、磐越西線に乗り会津若松まで約75分。会津若松から、喜多方は近いが電車が少ない。会津坂下も距離的には同じくらいだが、こちらに行く只見線は「日本最後のローカル線」と呼ばれるように、7時台の次が13時台と言う便の悪さ。喜多方に行く方がまだ本数が多い。喜多方までは、東京駅から3時間以上掛かるが、N氏と日本酒談義をしていたので、あっと言う間に着いた。
 喜多方駅まで東海林さんがわざわざ迎えに来てくれた。お昼を東海林さんと一緒に喜多方ラーメンのはしごをする事になっていたので、まず人気店の「まこと」食堂に行く。喜多方ラーメンは鶏がらベースのスープに煮干系の出汁を加えたのが一般的だと思っていたが、「まこと」はトンコツ・スープに煮干の出汁を加えているとのこと。
 そのためか、スープの味が濃い感じがする。僕はラーメンのスープは必ず飲み干すので、ここでも飲んでいたら丼に「大当たり」の文字が。何だろうと東海林さんに聞くと、当たると「喜多方ラーメン」を貰えるとのこと。余り、「大当たり」は出ないらしくラッキー。これで、お土産が出来た(どうやら、東海林さんと一緒だったのでお店の特別サービスだったよう。ありがたい事である)。
 次に夏にも行った「なまえ」食堂。ここでは「極太縮れ麺」を食べる。こちらのスープは、綺麗に透き通っている。そこに、手打ちパスタのような麺が泳いでいる。一口すすったN氏が思わず「美味い」と一言。本当に美味しい。麺のインパクトもあるが、「なまえ」さんのラーメンの方が、僕は好みだ。ラーメンのはしご何て出来るか不安だったが、基本的にさっぱり系の喜多方ラーメンなので食べられた。熊本ラーメンでは無理だろうな。しかも僕より若いN氏は、もう一杯くらい行けそうだった。
 お腹も一杯になり、「夢心」酒造へと向かった(次回に続く)。
コメント
この記事へのコメント
気づきませんでした
年末からblogを初めていらっしゃったんですね!
コメントを拝見して、さっそく遊びに来ました。
「和」の亭主さんと行かれたのですね~。
昨年夏に喜多方に行ったのですが蔵は行かず・・・
奈良萬などに行きたかったのですが、時間がなくなってしまいました。
都内某所?でのディープな(笑)飲み会、
時間が合えば、ぜひぜひ参加させてくださいませ!
2006/03/07(火) 07:48 | URL | まき子 #-[ 編集]
>まき子さん
書き込みありがとうございます。
詳細は、メールでお知らせ致します。
蔵元が都内で集まろうと言い出して決まった交流会なので、盛り上がると思います。
2006/03/07(火) 09:02 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/30-f19c682e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。