FC2ブログ
日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

今日は、トスカーナに向かいます。フィレンツェだったらテルミニからユーロスターで簡単ですが、今回の目的地はチェルボニャーノ村のワイナリー、ポデリ・ボスカレッリです。

boscarelli_0.jpg


まず、ローマから電車でChiusi(キューシ)まで行きます。

roma_chiusi.jpg


ここから、チェルボニャーノ村に一番近い町のAcquaviva(アックアヴィーヴァ)までバスが通っています。

chiusi_acquaviva.jpg


しか~し、このバスは一日に朝と夕の2便しかありません。なぜなら、近郊の村々からキューシにある小学校までのスクールバスのようなものなので、登下校の時間にのみ運行しているのです。なので、学校が休みの日は運行されません。

旅程に組み込むには、学校のスケジュールに合わせる必要があるのですが、流石にそれは分かりません。ウイークデーであれば授業はあるであろうという予測の元、午後のバスの時刻に合わせて電車を選びました。ローマの駅と言えば、テルミニが中央駅ですが、キューシに都合良く到着する電車は、ティブルティーナから出ます。テルミニから地下鉄で3駅くらいで着きます。

キューシに着いたら着いたでバス停が分かりません。バスのチケットは、駅のバールで買えるのでバス停はどこか?聞いたのですが「分からない」とのこと。イタリアの田舎では良くあることです。バスの時間まで間があったので、駅前のバールでカフェを飲みながら、お店の人に聞いても同様でした。

駅の真ん前にバス停はあるのですが、どうも違う感じです。そこから、少し離れたところにもバス停のようなものがありました。時刻表もあったので、幾つか見て回って多分ここから乗るのだろうと見当を付けました。バスの時間が近づいてきます、果たしてバスは来るのか? ドキドキものです。

15年くらい前にまだ幼かった娘も一緒にマテーラに行くのにバーリのバス停でバスを待っていた時のことを思い出します。事前に調べ、バーリ駅の観光案内のスタッフにも確認したのにバスは来ませんでした。今回は、どうだろう。バスがやって来ました、バス停で止まります。運ちゃんに「アックアヴィーヴァに行く?」と聞くと「通るよ」とのこと。バスのトランクルームを自分で開けて荷物を入れて乗り込みました。ここから、約30分で着くはずです。

バスは、キューシの街中を通り丘の上の方にある小学校を目指します。標高が高くなるにつれてトスカーナの丘の連なりが車窓から眺められます。良いなーと思います。スクールバスですから、学校から小学生が乗り込んできます。まぁ、うるさいこと。大声でワーワー。ギャーギャー話し続けています。

途中、幾つかの町を通過する度に子供達は一人、二人と降りて行きますが、バス停ではないところでも止まります。こういうところは、本当に感心するのですが、路線沿いに家があれば家の前で降ろしてくれます。そうでないこの場合は、家に向かう路地の所で降ろしているようです。誘拐のリスクをできるだけ避けるためのようです。

運ちゃんに、アックアヴィーヴァに着いたら教えてと言っておいたので、無事に付きました。この町は比較的新しい町のようで、協会にメディチ家の紋章はありましたけど、中世の雰囲気は全くと言って良いほどありませんでした。今回、妻が予約したのは、ここ数年で日本でもブームとなっている民泊でした。バス停からトランクを転がして5分くらいの本当に普通の家です。

家の番地を確認してピンポンを押しますが返答なし。何度か鳴らして、庭に声を掛けても見ましたが反応なし。まさかの留守!ちゃんと到着の日時は伝えてあるのに居ないのか? いくら民泊とはいえ、どーなのよ。流石はイタリアだなー、と変なところで感心してしまいますが、事態はけっこう深刻です。家の前で大きなトランクを抱えて家人を待っている東洋人二人。イタリアの片田舎では、十分に怪しいシチュエーションです。通報されても文句は言えませんw

待つこと10分くらい経ったでしょうか。妻がスマホにメッセージが来ていたことを思い出しました。そこには、「留守だったら玄関の周りを探してね」的なことが書いてありました。郵便ボックスは空でした。僕がふと玄関脇の鉢植えを見ると家の形をしたボックスが陰にありました。中には鍵が。これは玄関の鍵なのか、この鍵で勝手に人様の家を開けて入れということなのか、本当に良いのか、マジで泥棒と間違えられないか・・・等、妻と顔を見合わせ逡巡すること数十秒。

取り敢えず、開くかどうかやってみるかと鍵穴に入れ捻ってみると、ガチャっと開いたではありませんか。

マジか! 恐る恐るドアを開けてみると、廊下に家人ならぬ飼い猫がちょこんと座ってお出迎えしています。
tascan_14.jpg


猫以外、誰もいません。「ごめんくださーい」「チャオ」などと言いながらリビング、キッチンと回りましたが、誰もいません。玄関脇にキーボックスがあり、そこに利用方法が英語とイタリア語で書いてありました。どうやら、勝手に入って勝手に使って良いようです。

驚きましたが、もはやここは「我が家」です。キッチンで勝手にコーヒーを淹れて一服しました。時刻は3時前ですが、ランチを食べていなかったので、食料を探しに町に出かけましたが、スーパーマーケットのコープはお昼休み中、町に二軒あるパン屋もお昼休み。

これはダメかと諦めかけましたが、家のすぐ近くの町に一軒だけあるレストランに灯りが付いてます。ダメ元で行ってみたら営業中の看板が出ています。良かったー。

イタリアには二大牛が居ます。キアナ牛とファッソーナ牛です。日本で言えば、松坂牛と近江牛(他にも前沢牛とか山形牛とかありますが・・・)のようなものです。ここ、トスカーナ地方はキアナ牛の本場で、アックアヴィーヴァの直ぐ近くにキアナ地方があるので、ビフテカ・フィオレンティーナはマストでしょう。このリストランテでは、100gで4.5€で1㎏からのオーダーです。

tascan_1.jpg

約1㎏のキアナ牛。赤身が本当に綺麗です。いわゆるTボーンステーキです。

tascan_2.jpg

切り分けてもらいました。肉喰ってる感があります。ワインは、ここのハウスワイン。イタリアに行ったら、特に地方のリストランテではハウスワインを頼むのが一番良いと思います。その店の料理に一番合うワインが選ばれていますし、価格も一番安いです。

tascan_15.jpg

お腹いっぱい食べて”家”に帰りました。大家さんは、まだ帰っていません。猫ちゃんと遊びながら過ごしました。明日は、ボスカレッリを訪問します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/305-6663cd10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック