日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 母屋のHPで書いていた雑記では、ワインの事を良く書いていたのですが、ブログになってから書くのは初めてです。書かなかった理由は特にないのですが、日本酒関係で書くことが多かったからでしょう。
 で、ワインです。講談社の「モーニング」という漫画週刊誌で「神の雫」というワイン漫画が連載されていて、ワインの売上にかなり貢献しているようです。この漫画で取り上げられた、「シャトー・モンペラ」はあっという間にネット通販で完売となり、あのエノテカまでが「神の雫のワイン」と宣伝して「ボイド・カントナック」を販売していました。
 僕は、この漫画の内容が余り好きではありません。原作者のパーカー・ポイント重視のワイン評価や、訳の分からない詩的な表現が生理的に合いません。いわゆる、ワイン・スノッブが喜ぶワイン観に貫かれているところが、僕のワイン観とはかけ離れています。
 ワイン観なんてものは、どちらが正しいと言うものではないので、好きか嫌いかでしか語れませんが、影響力のある出版物でやられてしまうと、どうかなー、という気がします。でも、この漫画でワインに興味を持ったり、飲んだりする人が増えているようなので、それは良い事だと思います。
 この漫画で語っているワインの楽しみ方もワインの一つの側面です。薀蓄や詩的な表現、ワインを「芸術作品」とする見方、それはそれで楽しいものです。また、「格付け」上位ワインの方が優れている、という考え方も間違いではないと思います。
 ただ、そうではない楽しみ方や、「格付け」の捉え方もあるのだという事を認めて貰わなければなりません。大方のワイン・スノッブの方々は、著名なワイン評論家が持ち上げるワイン、ワイン雑誌で取り上げるワインにのみ関心を示し、それ以外のものは歯牙にもかけないどころか、他のワインを無価値であるとさえ見なしがちです。
 「神の雫」のワイン観に偏ってしまうのは、ワインの楽しみ方の一側面しか見ていないので、もったいないなー、と思います。僕は、ワインとはもっと自由で、生活に密着したものだと思っています。一握りの人しか味わえないカルト・ワインやAOCワインなどの格付けワインのみで、ワインを語るのは正直どうかなー、と思います。
 ワインとは全く関係ありませんが、敬愛する横溝先生もおっしゃっています、「色々な花が咲いてこそ野は美しい」。
コメント
この記事へのコメント
「神の雫」、漫画は楽しく読んでいますが、あれだけワインの固有名詞などをバンバン出していたら、ネットでは売り切れ御礼状態だろうなあと思っていました。
お店は売り上げやワインの更なる認知度アップで嬉しいでしょうね。
でも私は正直言って、自分ではあんな微妙な違いはわからないし、それこそ「好きか嫌いか」でしか判断していないので、余計ワインが遠く感じてしまいます。
漫画としては結構好きですが・・・。
その昔「ソムリエ」という漫画もありましたね。少しワインから離れて来ています・・・。
2006/03/16(木) 06:46 | URL | りえぞう #-[ 編集]
>余計ワインが遠く感じてしまいます。
 同じような感想を持たれる方も多いようです。それは、作者の本意ではないと思いますが、彼のスノッブなワイン観が結果として、ワインを遠く感じる人を増やしているのかも知れません。無論、ワインに興味を持つ人も増えているのでしょうが・・・。
2006/03/16(木) 09:58 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/37-9c0f5c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。