日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、馴染みの居酒屋の亭主を案内してK商店に行きました。彼とはお酒の趣味や食べ物の趣味が合っているので、もう10年来の付き合いになります。
 彼の店は、H酒店から仕入れているため、相当良い品揃えですが、やはり一店舗からよりも数点から仕入れた方が酒質の幅が広がります。
 さて、K社長や奥様、長女、長男嫁、次男、次男嫁と一通り紹介し、ふとカップ酒コーナーを見ると「志太泉 ニャンカップ」があるではないですか。彼も「今年の志太泉は良い」と言っていたので、試しに飲んでみるにはカップ酒は最適です。
 早速300円で購入して店の外で飲み始めました。K社長からは「カキピー」のつまみまで貰っちゃいました。昼から酒屋の店先でカップ酒を呷る、典型的なアル中オヤジですねー。嫁や娘には見せられない姿です。
 彼も嫌いじゃないですから「来福 純米」を買い、二人で回し飲み。更に、長女が「生酒を詰めてきた所が二蔵あるんですよー」と言うので、それも購入。二人で駅までの道すがら歩き飲みをする。人間失格と言われても仕方ないなー。
 で、カップ酒ですが、こういう飲み方なら楽しいです。ただ、やはり「生酒」は向かないですね。冷蔵庫に置いてありましたけど、ひどい状態でした。カップ酒を「生」で出す意味はない、と断言してしまいましょう。
 「志太泉 ニャンカップ」は、静岡の酒らしい柔らかな酒質で好印象でした。確かに、今年は良いかも。「来福 純米」は、常温よりも燗した方が良いかも知れません。
 あと、飲み終わった後のカップの処理に困ります。リサイクル出来るのであれば良いですが、ゴミになるだけなので・・・。
 ちなみに「ニャンカップ」は猫のイラストが可愛いのですが、「ワンカップ」に対抗した蔵元の洒落なんですが、分かりました?
コメント
この記事へのコメント
謎がとけました
別のblogでニャンカップを見かけて
「何で猫なんだろ?!」と気になっていたのですが、
スッキリしました(笑)。
2006/03/17(金) 12:30 | URL | まき子 #-[ 編集]
>スッキリしました(笑)。
それは良かったです(笑)
昨年以上に今年の「志太泉」は良いです。
2006/03/17(金) 18:58 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/39-061c0db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。