日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nikomi.jpg 今日のランチ・メニュ。
仔羊のグリル、トルコ産生パスタのバジルソース、ウサギとタイムのテリーヌ(加工品)。ワインは、お気に入りの「ディエゴ・アルマグロ グラン・レゼルバ1998年」。贅沢そうに見えますが、我が家では普通の休日ランチ。お金も余り掛かっていません。生パスタは試供品で貰ったものだし、仔羊も売れ残りで1割引き。ワインも信じられないコスト・フォー・パフォーマンスのスペイン物。樽で2年、瓶で3年熟成してから出荷されるのに、1000円代の前半。1998年のヴィンテージは初めてだったが、素晴らしいの一言。タンニンは滑らかだし、果物が詰まった味わい。時間とともに開いていって、仔羊との相性も良かった。このワインはお勧めです。
 充実のランチの後の夕ご飯は、「牛筋の煮込み」でした。
 八幡ろかせず&銀滴 この牛筋は、近江牛の専門店から仕入れています。この肉屋さんは、自家牧場を持っているので、ブランド牛の近江牛でも格安で買えます。とは言え近江牛です。ステーキやすき焼き用の肉は、グラム3000円近い価格で手が出ません。でも、同じ牛でも牛筋なら、グラム58円。
 庶民の味方、「牛筋」の煮込み。月に一回くらいの頻度で、2キロ位を仕入れて、じっくりと煮込みます。小分けにして冷凍保存したものを、常温で戻して煮込みます。
 今日は、シンプルに味噌仕立て。日本酒少々、三河味醂少々、味噌少々、塩少々に豆腐を加えて、軽く煮込みました。簡単、手軽ながら味わいは日本海溝よりも深い!! 豊潤な肉の旨みが口中にあふれます。
 我が家にある日本酒は、大吟醸と本醸造なので肉に負けそうだったので、焼酎で頂きました。余分な脂肪は下拵えの時に殆ど取ってあるので、くどくはない肉の味わいですが、それでも残っている脂を、焼酎がスパっと切ってくれます。
 焼酎は、宮崎の「銀滴 紅東芋」と「八幡 ろかせず」。「ろかせず」は、馴染みの酒屋さんで予約してから、1年待って先日入荷したものです。なかなか入手できない焼酎ですが、毎年一本を確保して頂いています。ありがたいことです。
 昼は洋風で、夜は和風。どちらも美味しく頂きました。幸せです。
コメント
この記事へのコメント
すごい
あの、いまさらなんですけど・・・すっごく美味しそうで羨ましすぎですv-10ずっと気になっていました。
papaciさんは料理もお上手なのですね!!
2006/03/28(火) 12:11 | URL | ユキ猫 #-[ 編集]
 いわゆる男の手料理なので、上手ではありません。女性のように、残り物でパッパと作れません。凝り過ぎて失敗することが多々あり、妻を嘆かせています(笑)。
2006/03/28(火) 15:43 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/42-52bc0882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。