日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 綾辻行人をご存知でしょうか? 最新作「びっくり館の殺人」が、思いもかけず早く発表されて、「びっくり」しているのは僕だけではないでしょう。
 日本酒業界に「高木以後」という流れがあるように、ミステリー界にも「綾辻以後」という流れがありました。過去形なのは、デビューから既に20年くらいの年月が過ぎ去り、今では実感として感じられなくなったからです。しかし、彼が今日のミステリー界に与えた影響はとても大きく、「新本格ムーブメント」という一つの時代を作りました。
 僕は、ミステリー、それも「本格推理小説」という時代遅れのジャンルが好きです。江戸川乱歩~横溝正史・鮎川哲也~島田荘司へと受け継がれてきた本格の流れを受け継いだのが、綾辻行人だと思っています。
 彼のライフワーク「館シリーズ」は、デビュー作「十角館の殺人」から「水車館の殺人」「迷路館の殺人」「人形館の殺人」「時計館の殺人」「黒猫館の殺人」と発表し、一昨年ようやく「暗黒館の殺人」を発表しました。「黒猫館~」から約10年待ちました。
 それから、僅か一年半で新作「びっくり館の殺人」を発表するとは、どうしたんだろう。こっちが「びっくり」です。僕の目の黒い内に新作が読めれば良いなー、と思っていただけに嬉しい誤算です。
 ただ、ノベルスではなく単行本のためお高いのです。また、厚くて重いので通勤途中では読み難いのが難点。それと、子供も対象にした企画シリーズの中の一冊なので、それも少々気になります。文庫化されるのは3年待たなくてはなりません。でも、後3年経てば綾辻のいつものペースだから、それでも良いような気がしています。でも、読みたいなー。
コメント
この記事へのコメント
ミステリ好き(本&活字好き)なので、綾辻さんの本も読んでいます。ハードカバーだと持ち運びには重いし、読後は場所を取るしで、ちょっと買うには気後れしますね。
ああ、読みたい本がたくさんあります。
2006/03/23(木) 23:46 | URL | りえぞう #-[ 編集]
携帯から見れました!ちょっと小説界の高木さん読んでみたいですね!
2006/03/24(金) 08:43 | URL | かげさん #-[ 編集]
びっくり
>りえぞうさん
ミステリお好きですか。場所取るんですよね、本って。なので、僕は文庫しか基本的に買いません。「暗黒館の殺人」は、久々だったので、愛蔵版を買ってしまいました(笑)
>おかげさん
初コメントありがとうね。
携帯から見られるんだ。知らなかった・・・。「十角館の殺人」から、読まれる事をお勧めします。しかし、初コメントが酒じゃなくて、ミステリとは意外でした(笑)。「来福」楽しそうでしたね、また行きたくなりました。
2006/03/24(金) 09:17 | URL | papaci #-[ 編集]
なつかしい
高校生くらいの時に、よく読みました!
持っている友人にすべて借りたので
文庫本の置き場所にはこまりませんでしたが(笑)。
大学にはいってから、まったく読まなくなってしまっていたのですが
まだ館シリーズって書いているんですね。
2006/03/24(金) 13:26 | URL | まき子 #-[ 編集]
まきこさん
>高校生くらいの時に、よく読みました!
 高校生かー。世代の差を感じます。
>まだ館シリーズって書いているんですね。
 書いています。一応、シリーズ10タイトルの予定でしたから、後2タイトル書くはずです。たぶん・・・?
2006/03/24(金) 13:55 | URL | papaci #-[ 編集]
あら、びっくり!携帯からアクセスできたのね。おかげさんのおかげで判明しました。ありがとうございます。
2006/03/24(金) 18:58 | URL | mamaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/44-987623d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。