日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
shuki_1.jpg これは、僕の母親が持っていたのを、帰省の折に「ちょうだい」と言って貰ったもの。母も焼き物が好きで、やはり酒器が好きなようです。

shuki_2.jpg 二つとも京都の「嵯峨野 大覚寺窯」の和泉良法(いずみ・よしのり)さんの酒盃です。和泉さんは、油滴天目、青瓷、辰砂などを得意としています。

 青瓷の方は、涼やかな色合いで夏場に冷酒を飲むのに良いです。辰砂は、冷酒でも燗酒でも良いように思っています。今の時期は、青瓷を使うことが多いですね。

 二つとも僕の好みの土の力強さを楽しむものとは趣が異なり、釉薬のトロリとした感触や色合いを楽しむものだと思います。「清水焼き」のような装飾性はありませんが、京都の焼き物らしい雅な味わいがあって気に入っています。
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/59-752eabc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。