日本酒やグルメ、ダイエット等、興味のあることを色々ご紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「人に教えたくない店」と言うのがありますが、この「新門」は「人に教えられない店」です。
 papaciが思うに「人に教えたくない店」と言うのは、実は「教えたい店」であることが多々あり、本音では「こんな良い店知ってるんだよー」と言う自慢なのではないかと思うのです。

 何か、もったいつけちゃって「やな感じー」と思ってしまいます。

 「人に教えられない店」は、どこか趣味が偏っているとか、万人には受け入れられそうもなくて、下手に教えると人格を疑われる恐れがある、と思ってしまう店です。

 「新門」もそんな店ですので、お勧めは致しません。まず、常連さん以外は、居心地が悪いと思います。でも、常連になってしまえば、大変くつろげます。

 常連になるのは簡単で、3回も行けば常連です。3回行きたくなるかは、人それぞれでしょうね。常連さんが多いので、中には癖の強い方もいます。初めて行った時に、そう言う人と一緒になったら2回目はないでしょう。

 グルメ志向の方にも向きません。焼き鳥屋ですから。それも、名古屋コーチンとか東京軍鶏とかに拘った店では、ありません。普通のブロイラーの焼き鳥です。

 地方都市のどこにでもある焼き鳥屋です。一応、紀州備長炭を使っているらしいですが、確かではありません。たぶん、看板だけだと思います。マスターも偏屈です。店も汚いです。プロ野球のTV中継が流れています。

 でも、papaciは好きです。この日は、お通しが「オクラと蛸の酢の物」で「本丸」2杯、焼き鳥は「レバ」「ボンジリ」「皮」「シロ」、常連さん持ち込みの「蛸のキムチ」で、2,000円。お酒は、一杯一合です。

 お酒の種類は少ないです。「本丸」「清泉」がメーンであります。それに「十四代」の別ヴァージョン、「大七」「酔鯨」「〆張り鶴」「奈良萬」等、日替わりで色々です。

 お燗は、燗徳利かミニ燗助、黒ジョカ等で付けてくれます。居酒屋らしい雰囲気の中で、炭火焼きの焼き鳥を頂き、マスターお気に入りの酒をゆっくりと飲む事が出来る人にはお勧めです。

 また、興が乗ってくると、マスターのハープシコードの独演会が始まります。これが始まると逃げられないのが難点です(笑)
コメント
この記事へのコメント
常連にしか分からないお店?!
ホントに好きで自慢したくても、でもやっぱり隠したいんだなぁ、ってのが分かります(笑)。
なんといっても、焼鳥屋さんの様子、置いてあるお酒をみても。
こんなお店を一つだけでも、自分の落ち着ける場所として持っているだけで、
全然がモチベーションが違いますよね。
でも、とりあえず、私一人では絶対にムリそう~~、とおもいました(笑)。
2006/06/05(月) 22:23 | URL | まき子 #-[ 編集]
>でもやっぱり隠したいんだなぁ

はい、この店に行っている事は、隠したいです(笑) 趣味を疑われそうです・・・。
2006/06/06(火) 08:51 | URL | papaci #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finesses.blog39.fc2.com/tb.php/82-0b9c083e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。